忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
20年会っていない親戚の葬式に出る。
叔母達は相変わらずで、従妹たちは誰が誰だか分からない。

父方なのだが、
もと資産家のこの家はおかしい。
父は男一人の長子で、誰が見ても立派な跡取りだったのだが
10歳下の長女が父を追い出して跡を継いだ。
しかし嫁に行った身なので名字は違う。
その子供たちもそのままなので本家の名字ではない。
その名字を名乗っているのは父と、婿養子をとった私と子供たち。

会社は閉じたし代が移れば何も残らないんだろう。

もう親戚づきあいする必要ないと思うんだが
出ろというならつきあうさ
ときつくなったフォーマルにウエストを押し込んで父に同行する。

経験した中で一番しらけた葬式だった。
まず会場がいけない。
姉も葬儀場での葬式だったけど、もっとおごそかだった。
部屋は選べないものかしら? 料金に関係なく?

前日が友引だったせいか、やたら急かされたのもいけない。
式場側にしてみれば毎日の事か知れないけど
こっちにしたら一度の事。あの扱いはないんじゃないか。

「お焼香の際 お辞儀は一度でいいです。
お寺様に 前と後で一回ずつだけ。あっちにもこっちにもしなくていいです。
時間の都合もありますし」
って三回言われた。
小学生か 私ら?
「お棺に花を入れてあげて下さい」
「お顔に触ってあげて下さい」
って別に顔になんか触りたくないです 私。
そういうのって強制されるもんですか?
喪主の挨拶も超絶短かった。
「お忙しい中 ありがとうございます。
皆様に見送られ 故人も喜んでいる事と存じます。
私共にも温かいお言葉を頂きありがとうございました」
で終わり。
短く!って言われたのかなあ?
もともと覇気のない喪主だったからかなあ?
短いの好きだけど、他があまりに型どおりのセレモニーだから
せめて挨拶ぐらいオリジナリティがあったらと思うんだけど。

エンディングノートを作っておこうかと考えた。
あんな葬式は嫌だ。
いや。お葬式なんてして欲しくないんだけど
家族と友人だけの告別式にしても
もうちょっと自分らしさがあってもいいんじゃないかしら。
あんなのにお金使って欲しくないなあ。
PR
忍者ブログ [PR]