忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[232] [231] [230] [229] [227] [226] [225] [224] [222] [221] [219]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
ヘルパー報酬には二種ある。
家事だけを受け持つケースと利用者の世話をするケース。
保険計算も違うしヘルパーさんの時給も違う。

実家は今のところ家事援助で頼んである。
先日一度だけトイレに連れて行って貰った。
したらば早速請求がきた。
ま 書類上の処理もあるし 中途半端な前例は作っちゃいけないから当然のことだ。

とは思う。
思うが、それとは別の認識野で「もやっ」とする。

家事援助といっても
実家は全自動乾燥機に替えたばかりだし
ヘルパーさんを頼むと同時に掃除機も軽い新型に替えた。
炊事も頼んでいない。
掃除だけ。
その掃除も、子供たちにやらせる時は雑巾で水拭きなのに
ヘルパーさんの申し出により新たに簡易モップその他を購入となった。
その購入も契約時間枠である。

私は2級の講習を受けた。ヘルパー同行の実習もやった。
一箇所は古い団地の一室。二槽式の洗濯機で指示どおりのやり方で洗濯した。
(水や洗剤を節約するため)
風呂場の掃除もやった。お湯でじゃない。水で。
その環境に比べたら実家の掃除なんて楽なもんだと思う。
私が15分で片付ける台所をヘルパーさんは1時間かけて掃除していく。
翌日浴槽を洗おうとしたらざらざらした感触が残っていた。
トイレ掃除にクイックルを一袋使った。使いすぎだろ?
生活に困っていない家の掃除だから気を遣わなくていいという事だろうか。
(だがそれを買って補充するのはエンゲル係数の高い我が家である)

口まで文句が出かかるが
当の両親に不満がない以上黙っている事にする。
家事そのものだけがヘルパーの役割でもない。
母の精神状態が安定すればいいのだからと割り切る。


現役ケアマネの講義があった。
要介護2と5の夫婦を例にヘルパーの仕事を紹介する。
「余計な事に使っている時間はありません」という説明どおり
みっちりと詰まったスケジュール。
利用者の負担を増やさないためぎりぎりの時間枠でケアしなければならない。
表を前に絶句する私たちに講師は言った。
「あなたたちには無理です」

そんなケアマネもいる。ヘルパーもいる。
そしてこんなヘルパーもいる。いろいろだ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]