忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[186] [185] [183] [182] [181] [179] [178] [177] [176] [174] [173]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寝起きが悪い。
寝る前に「満足すんなよ」~「田島以外は」のあたりを読み返したせいだ。
でも気になったんだもん。

うわあああ。そのあたりばかりぐるぐるしてイズハマどころじゃない。
田島はどういうイントネーションであれを言ったんだ?
作意とか悪意とかある人じゃないと分かっているけど
だから花井を同等と見ての発言だと思うんだけど
てかなんも考えてないというのが一番理想なんだが
やっぱあそこであれはないんじゃないの? ってのが正直なところで。

読み終わった息子も開口一番「あれ やばくね?」だった。
「仮に喧嘩になったとして」と訊きかけたら「喧嘩にはならんだろ」
「いや だから険悪に(険悪の意味分からんか) というか 何となく揉めたら
あんただったら どっちの味方する? どっちに感情移入する?」と訊き直す。
「そりゃ花井だろ」
だよなあ。

サッカーのシーンも私は釈然とせんのよ。
顔にぶつけるという発想(顔じゃなくても だけど)そのものもだけど
そこは譲るとしても大事な試合前だよ。まだ体重も戻ってないよ。
本調子じゃない筈の(バテ気味)三橋がもし脳震盪でもおこしたら とか
転び方悪くて手首痛めたらとか。

好きキャラなんだけど9巻の田島は少し変だ。なんか違う。
8巻の彼は好きなんだけどなあ。

9巻で一番好きなシーンは阿部が篠岡に「おにぎり増やして」と頼むとこ。
沖が阿部に「大きな声出されるとビビるんだよ」と言うとこもよかった。
沖は地味キャラだけど正直でいいよね。
試合の時も「替わりたくなんかないよ 自分だったらマウンド降りたいよ」って。
自分の限界とか弱さを把握するのは格好悪くなんかないよね。
そこで三橋を否定しちゃ駄目だけどさ。

多分10巻以降で花井救われるんだろうけど
現段階ではしんどくて。
救いにならないだろうかとタジハナ妄想かきたててみるんだけど
全然駄目だ。田島に「好き」って感情あるのかなあ。
天才肌だけに欠落している部分あるんじゃないのかなあ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]