忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペルソナ4。
名前をつけるだけで10分かかっちゃったよ。
名前はもう決めてあったんだけど入力の仕方が分からん。
「息子がいる時に始めればよかったああああ」

高橋 主騎(たかはし かずき)

このゲームを勧めてくれた人が花主(つまりは推奨カプが花×主)で
主は主人公の主なんだけど 私には名前になっちゃってたから
この字を使おうと思って 主って「かず」って読ませられなかったけと
「かずき」と決めて いざ名前をつけようとしたら「名字も」と言われ
咄嗟に「高橋先生ー」となったわけだ。

自分の小説の主人公でこんなに真面目に考えた事はない。


ゲームを始めたせいか
引っ掛かっていた問題がひとつ解決したせいか
昨日からちょこっと気分が軽い。

先日の模試の結果が悪くて娘の落ち込みに少し引っ張られたけど
たかだか一回の模試の結果じゃないか。
「これまでが順調すぎたんだよ。いい誡めだよ」
と娘に言った言葉が後から自分にも効いてきた。
まあ でもそういう些細な事に左右されるのが受験生なんだよなあ…
受験ってやっぱ大変だよね。

ふと「娘のおかげで(自分では経験できなかった)高校受験や大学受験を
体験させて貰えるんだ」と思いました。
最近の私にしてはなんて前向きな思考だろう。
(てか 息子は?って突っ込み入りそうだが 息子はな 息子はねえ…)
(息子はまあ男の子ってだけで 男の兄弟のいなかった私には新鮮だよ)
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]