忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
「卒業アルバムに使うんだけどさ」
娘が困ったような声で言ってきた。
「うちって3歳から5歳くらいまでの写真 ある?」

ないわけないだろ。アルバムにどっさりありますわさ。
クローゼットを掻き分けて何冊か引っ張り出した。
どれが誰の何歳のか分からないから適当に。

娘は驚いて「よかったあ… 全然ないと思ってた」と言う。

そりゃ今でこそ全然写真撮らないけど
あんたらが小さい時は必ずカメラにフィルムが入ってた。
娘の時なんか一歳まで毎月最低フィルム一本は写してた。
一番いいのを三枚白いアルバムに貼り、
次にいいのを編集しながらカラーアルバムに貼り、
残りのそこそこいいのをポケットアルバムに入れていた。
3歳ごろのはさすがにそんなにはないが、
それでも外出や行事の際は必ずカメラを持ち、
家の中でも何かの時にはすぐに写真を撮った。

「切りたくないのはカラーコピーで とか言ってたけど どうしよう」
「あんたのだもの あんたの好きにしたら」
幼少の娘ってほんっと不細工だったんだけど
それでも写真で残っているのが嬉しいらしい。
何枚もある七五三のうちの一枚も切るのは嫌なようだ。

自分の過去を愛しく思えるっていいなあ…
私自分の子供時代の写真なんか見たくもないけどな。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]