忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「卒業アルバムに使うんだけどさ」
娘が困ったような声で言ってきた。
「うちって3歳から5歳くらいまでの写真 ある?」

ないわけないだろ。アルバムにどっさりありますわさ。
クローゼットを掻き分けて何冊か引っ張り出した。
どれが誰の何歳のか分からないから適当に。

娘は驚いて「よかったあ… 全然ないと思ってた」と言う。

そりゃ今でこそ全然写真撮らないけど
あんたらが小さい時は必ずカメラにフィルムが入ってた。
娘の時なんか一歳まで毎月最低フィルム一本は写してた。
一番いいのを三枚白いアルバムに貼り、
次にいいのを編集しながらカラーアルバムに貼り、
残りのそこそこいいのをポケットアルバムに入れていた。
3歳ごろのはさすがにそんなにはないが、
それでも外出や行事の際は必ずカメラを持ち、
家の中でも何かの時にはすぐに写真を撮った。

「切りたくないのはカラーコピーで とか言ってたけど どうしよう」
「あんたのだもの あんたの好きにしたら」
幼少の娘ってほんっと不細工だったんだけど
それでも写真で残っているのが嬉しいらしい。
何枚もある七五三のうちの一枚も切るのは嫌なようだ。

自分の過去を愛しく思えるっていいなあ…
私自分の子供時代の写真なんか見たくもないけどな。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]