忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[548] [547] [546] [545] [544] [543] [542] [541] [540] [539] [538]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

娘の場合は
「英語がやりたい」→「英語を教えたい」→「高校の英語教師になりたい」
で志望校は決まった。
後は目標に向ってまっしぐらである。
勉強すれば近づいていくのだから簡単といえば簡単。
その勉強が大変なのだが
「もう勉強するのが当たり前になってるから しないと変」
なんだそうである。
勿論時々リビングに来ては「飽きた!」「やりたくない」と叫んでいく。
更に煮詰まると家人からテレビをとりあげ見たいビデオを見る。
勉強の成果は模試に反映されているからモチベーションは下がらないようだ。

息子もそろそろ二年生の選択を決めなきゃいけない。
迷うまでもない。完全な文系。それも英語。
一応志望校を書く欄もある。「どこがいいだろう」
去年の新聞がとってあるので持ってくる。
センターを利用した場合のボーダーが載っている。
「とりあえずSかCじゃない?」 娘のすべり止め私立である。
息子は「ぜってー無理」と早くもはるかその下を見ている。
「レベルは段々下がっていくものだ。いきなり下を見るな 下を!」
自分のレベルに志望校を合わせるんじゃなく
志望校のレベルに自分を引き上げるんだろうが!

本当にこいつら兄弟か?
小学校の時 共通の担任の言葉が浮かぶ。

娘が模試の結果を持って来て「よく分からん」と言う。
って私に訊かれても私学受験の仕組みさえ分かっていない。
仕方なく調べ
センターを利用した「100」「50」と利用しない「一般受験」があると知る。
でもって「一般受験」が一番枠が広い。
ふむふむ。でもセンターの手応えがよかったら全部申し込んでもいいよな。
と受験料の項目を探して絶句する。
35000円。センター併用でも20000円。
全部なんていったら75000円。
でもこの私立はすべり止めじゃなく本命校より上のレベルだから
他にひとつかふたつ受けなきゃいけない。
そっちを見たら少し安かった。25000円。

受験日の日程を書き出していて気づく。
「国公立の発表の前に私学の締め切りだ」
って事はどうであれ1次入学金は支払わなきゃいけない。

「…私学関連だけで ざっと50万円はかかる」

これまでも耳や目に入ってこなかったわけじゃないが
敢えて三ザルしてた。もう逃げ道はない。

うおおお。お金がない(正確には「なくなる」だが)!
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]