忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
某日 夕食後テレビもそこそこに通学鞄を持っていそいそと自室へ。
風呂まで出てこない。
さては友達から「エロ本」でも借りてきたか。

次の日布団をあげに部屋に行く。
一番奥の引出しの棚(ベッド下が収納になっている)が
手前に出ている。
このどっかに隠したんだな ふむふむ。

と勝手に決めていた。

数日後机の上に「パワプロポータブル」の容器を見つける。
つまり借りてきたのは「エロ本」でなく「ゲームソフト」だった。
棚が前に出ていたのは、彼がこの棚の引出しを開けると
棚本体ごと引っ張り出してしまうからだった。
つまらん。

夏の合宿の時
私は彼に田島がらみの冗談を言いたかった…

説明しよう(本来ここは「おおふり」の付属なんだから
本当なら説明は不要なんだが 休止中の今「おおふり」関係は少数と思われ)。
まんが「おおきく振りかぶって」で初合宿に出発した時
田島が「しまった ○ナニーしてくるの忘れた」と叫んだのだ。
「一週間も出さなかったら ○んこ 破裂する」

合宿に出て行く息子に「大丈夫?」って訊いてみたかった。
勿論彼は「おおふり」読んでいる。
しかし彼は私が下ネタ言うと思いっきり嫌な顔するんだよな。
下ネタたってたいしたもんじゃないのに。

その息子、課題テストの結果を持って来た。
「数学って これ50点満点?」
「違う」
「ああ 25点満点ね」
「100点満点だよ!」
英語はよかったですよ 英語はね。
息子の名誉のために言っておくと英語のおかげで
なんとか二桁に留まってます。
「これがなかったら 三桁転落じゃんね。今度からあんたをミケって呼ぼう」
「悪くないだろ? この順位なら」
息子にとっての及第は真ん中だから150番までならオッケイなんだ 彼は。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]