忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
先日購入したリュックの交換。
不良品だったので新品に換えて貰う。
私ひとりで行こうかと思い始めた矢先、
「本屋に行きたいから私も行く」と娘が言った。

平日の夕方。
息子の夕食には間に合いそうもないので「コンビニで」と言っておく。
「ふうん ふたりでおいしいもの食べてくるんだ」
「そんな事言ってない」
「でも食べてくるんだ」

決め付けられたから、それならと「どこがいいかな」と考える。
名駅付近はバイト先が近かったのでいくつか知っているが
栄となると分からない。
そうだ。らしっく なんかどうだろう。
若者の街みたいな感じで、私だけとか旦那と一緒だとかでは入りにくい。
娘とならまあ許されるだろう。

てなわけでリュックを受け取った後、バリ料理の店に入る。

バナナの皮で包んで蒸し焼きにした鶏がおいしかった。
最初匂いに「むうっ」となるが食べるとおいしい。
カリーもおいしかった。ご飯がほどよくタイ米混じりでおいしかった。
あとの二品はそれなりに。
計4000円。飲み物は水さ。ふたりなら安く済むんで気楽だね。

服を見る。娘にタンクトップ一枚。
問題集とマンガ。
娘はチェーザレ。私はピアノの森。

駅のホームで。
「シェイクスピア? 知ってるよ」
「たとえば?」
「えっと なんてったっけ ちるちるみちる」
「はあ?」
「ちるちるみちる じゃないけど 似たような」
「もしかして ロミオとジュリエットですか」
「そう それ」

どこが似てるやん。

「デカルトとかサルトルは分かる?」
「うん。現社でやったもん。『人間は葦である』って…」
「それはパスカル」

こいつが私の娘なんです。

「次こそはひとりで行けるよね?」
目を逸らす女。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]