忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[170] [169] [166] [165] [163] [162] [161] [160] [156] [155] [154]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析

退院前に脳外科の先生と話がしたいと頼んでおいた。
病室に写真を持って来てくれた。
折角だからとついでに
「脳梗塞のあとはありますか?」と訊いてみた。

ずっと以前にやったと母は言い張る。
きちんと診断受けたのかどうか確かめてものらくら。
通っていた病院はあるっぽいけど胡散臭い。
春頃町医者で脳のCTを撮った時、そこの先生は首を傾げていた。
母はそれでその先生が大嫌いになってしまった。
まあ内科であって脳の専門じゃないしとその時は諦めたが
今回は専門だ。写真を見せながら説明してくれた。
年齢的に細かい梗塞はいくつかあるが、どれも問題にならない。
症状が出るような梗塞はない(ので ご心配なく)と言った。

(心配なんかしてねえよ)と思いつつ、にっこり「ありがとうございます」。
それから本題に戻って今後の治療について訊く。
実例はないが不可能じゃない。相談してくれればいつでも応じますと言ってくれた。
素人のアホな質問も提案も頭ごなしに否定せず「そういう事もありますね」と
根気に応答してくれる。
ここの病院の先生は皆そうだ。不快な思いをした事は今のとこない。

ほらみろ。脳梗塞なんかやってないじゃないか。
会う人会う人にそう言って自力で克服したと嘯いて!

医療従事者の意見もろくに聞かない。自分に都合のいい事しかきかない。
薬は勝手に調整するわ指示は聞かないわ。

「病名は医師がつけるの。専門家がやるの。素人にできるなら医者なんか要らんわ」
と言ってやったら横向いた。
今度脳梗塞と言って同情引こうとしたら「嘘ばっか」って言ってやるぞと
心に決めた私は意地悪かしらね。
だけどあんたは脳梗塞じゃないし、鬱にもならんわ!
(鬱で苦しんでいる人を複数知っているだけに  『鬱になる』って簡単に言われると腹が立つ。
あんたみたいな無責任な人は絶対絶対ぜーったい鬱になんかなるもんか!)

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]