忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[166] [165] [163] [162] [161] [160] [156] [155] [154] [153] [152]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日内科の先生に会ったら
「で なんでした?」と訊かれた。
え 先生の方からお話があるのではなかったの?と慌てる。
「退院後の通院について とか」と仕方なく切り出したら
「昨日お母様と話して 予約もとっておきましたが」と返ってくる。
きいっ んじゃ 今日わざわざ行く必要も 先生呼び出す必要もなかったんじゃないか!
こちらはまだしも忙しい医師を呼び出したとなると冷や汗である。

内科医師は女医さん。30前後の美人 といってもお高い感じじゃなくて
好感度ばっちりの見ていても気分のいい美人。声もいいし雰囲気もいい。
最後にちゃんと「外来には出ていなくても病院にはいつでもいますから」と
いつでも気軽に連絡してくれと言ってくれた。
それだけで患者家族は楽になれる。

いい先生だなあと見送ったら、母は
「早口で何を言ってるか全然分からん」と吐き捨てる。
質問すれば根気に答えてくれるから何度でも訊けばいいじゃん。
相手が若くて美人だとそれだけで気にいらないんじゃないの。
「はきはきしてて いいと思うけど」

てゆーか! 外来予約までとっていたなら言えよ!
「なんで お父さんに報告しないの」
「言っても忘れる」
「忘れるかどうかはお父さんの問題だろ。言うだけ言わなきゃ」
(ちなみに父は重要な事はメモする。日時は特にそうだ)
同じ事を二度も三度も言う医師の身になってみろ。
わざわざ来るこっちの身にもなってみろ。
自分が周囲に迷惑かけて当然という態度 いい加減に改めてくれないかな。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]