忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[884] [883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
私が考えすぎなだけなのだろうか。

震災の、生存者の談話。
助かった人が僅かでもいたのは嬉しかったけど
その後朗報がないまま過ぎている。
進展なしの報道の中でせめて明るいニュースと思うのだろうか、
新聞はそのコメントや逸話を載せる。

「頭を打ち付けたけど 誰かの足があって 助かった」
「救出されたのは奇跡だ」

……そこで『奇跡』って言っちゃったら、後は絶望的って事じゃん。
誰かの足って それが我が子のものかも知れないと
その可能性のある親達は考えたりしないか。

今朝の新聞は脚を切断せずに済んだ女の子の話が載っていた。
男の子で膝から下を切断した子がいたよね。
他に方法がなかったとしても、
もし自分も頼んでいたらとか他の作業員だったらとか考えないか?
或いは。
その女の子の脚を引き抜くために何かを無理に動かして
それによって別の崩落を招いたとか
余分な時間と手間がかかって、他の作業に差し障ったとか。
私が残された家族だったら考えちゃうよ。

脚を切断しないでと頼んだ事を非難しているんじゃない。
他にまだ見つかってない人がたくさんいる中で
そういう話をすべきじゃないってこと。

自分が幸運を引き当てた時こそ
他人の不運を思い遣って欲しい。
僅かな情報でもと新聞に目を通している関係者は
どういう気持ちでこれらの記事を読んでいるのだろう。
同じ奇跡を信じて心の支えにする、というのならいいんだけど。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]