忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[431] [430] [429] [428] [427] [426] [424] [423] [422] [421] [419]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
出ちゃいました インフルエンザ。
アメリカ帰りですってよ。遊びに行って帰ってきたんですってよ。
偏見や批判は駄目ったって
修学旅行やら出張やら自粛の折、どうしたって「はあ?」って言いたくなる。
近所に妊婦さんや透析患者、喘息の人がいたらどうするんだろう?
伝染さなくてもその人たちの不安の責任をどうとるんだろう?

濃厚接触者にタミフル処方ってあったけど
その費用は誰が払うんだろう? 自己負担? 
親類ならまだしも飛行機で隣の席っていうなら払いたくないよね。
患者本人に払わせるべきだと私は思うが?
それくらいの覚悟なしに渡航したんなら許せないよ。

加えて。
秋以降の流行に備えて少しでも備蓄を増やしておくべきなのに
「予防」にタミフルを出しちゃっていいんだろうか。
たとえ充分にあったとしても
仮にそれで症状だけ抑えて 自覚なしにウィルスを撒き散らす事にならないだろうか。
或いはあくまで予防だからといい加減な服用をして
ウィルスに耐性を持たせてしまったらどうするんだろう。

冬に毒性の強いインフルエンザが大流行して
タミフルも手に入れられない患者が出てきたら
この大盤振る舞いをきっと恨めしく思う事だろう。

なんて事まで考える私はただの心配性か?
でも釈然としないんだよ。
発病した旅行者本人はどこまで分かってるんだろう。
運が悪かったじゃ済まされないのに。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]