忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[855] [854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [847] [846] [845]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「食事の終りの方で何を頼むか」

正解は「チェック」なのだが
娘は「デザート」と答えた。

ちなみに息子は(英語ではなく日本語での質問だが)
ちゃんと「勘定」と言った。


雪である。
センター試験二日目である。
朝刊を開いたら昨日の分の問題が載っていた。
去年を思い出して気分が滅入った。

現状に不満はなく、結果的にこの大学でよかったと思うのだが
センター試験直後の、あの何ともいえない気持ちは
それとは別に苦い記憶となって残っている。

暫くして起きてきた娘は「あ センター問題だ」とか言って
英語の問題を解き始めた。
こいつは何も感じないのか?

昼食を食べながら「去年は雪じゃなくてよかった」とか言う。
思わず嫌味で
「そうだね 雪がひどかったら焼肉も食べにいけなかったものね」と言った。
娘は笑い出し
「そうそう。センター失敗した日に焼肉行ったって言うと皆驚くんだ」だと。

泣く娘に「焼肉どうする? 予約 キャンセルしようか」と訊いたら
洟をすすりあげながら「いく」と言った。
そしてしっかり食べた。

まあ 人間。食べられる間はいいんだ。
たとえ「デザート」で正解が貰えないとしても……
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]