忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

って成人の日。15日のままの方がよかったなあ。

土曜日の夜ボーリング団体の定例会。
日曜日は朝一番でいつもの。
月曜日も朝行って昼からどこやらのプロのレッスンを受けに行く
と言った。
息子の密告によりボールをまた買った事が判明し
ぶちっとな。

その音が聞こえたのか、今朝は寝坊を理由にボーリングを諦め
モーニングに誘ってきたが、そんなもんで誤魔化されるか!
洗面所の蛇口の水漏れを何とかしようと作業を始める。
「台所をシャワー式にしたいんだけどね」といやみを言ったら、それもやる。
昼食をどうするかで息子はおかずバーのある店を希望し、
後から起きてきた娘は宿題が終っていないのと夕方バイトが入っているのとで
珍しくも出て行くのが面倒と言い出し、
旦那が折衷案として「俺が今からまっくを買ってくる。それから出かけよう」と言った。
なんで娘をそこまで甘やかさんといかんのか。
(ふたりの女の不機嫌に対応するのが嫌なんだろうな やっぱ)
息子はぶつぶつと「俺が同じこと要求したって許して貰えんだろう」とぼやいた。

正月に集まった時のこと。
旦那がアイスコーヒーを飲もうと冷蔵庫からボトルをとってきた。
お義母さんに「飲んでいいんだよな?」と訊きながらコップを出し、
息子に欲しいかどうか尋ねてその分も注いだ。
それを見ていた次男の嫁さんが
「お義兄さん よく働くねえ」と感心したように言う。
「はあ?」
自分が飲むコーヒーを自分でとってきただけですが。
「うちのなんて 休みの日はトイレ以外立たない」
嫁さんはヘルパーとして働いている。
義父母や親戚に何かあると真っ先に動くのは彼女で
子供も三人いる。
「自分も家事を手伝うと言うからフルタイムの仕事に変えようとしたんだけど
気が向かないとやらないもの。やめたよ」

「よーちゃん 甘いから」

そんなことないと彼女は言ったが
遅れてきた彼女の長男に対する世話やきぶりを見ていると
今はともかく少なくとも新婚の頃は旦那相手にもやっていたんだろう
と思える。

「私に一週間預けなさい。いかによーちゃんが有難いか分かる」

夏に玄関前の水槽の水替えを「やらなきゃいけないと思うのなら
今すぐやれ」と言ったら、義弟はそそくさと始めた。
当たり前だろと思ったけど、そうでもなかったらしい。

他家との共同キャンプの時。
よその旦那が空き缶を洗うのを無感動に眺めていたら
奥さんが叫んだ。「あんなこと絶対やらない人なのに」
私が言ったからやってるんだと言う。なんで?
なんでやらせないのか私には分からん。
キャンプは男が主役だろう。
他の旦那がテーブルにある使用済みの紙コップを洗って使おうとする。
へえ?とさすがに驚いて見ていたら
私の座っているケースの中に紙コップがしまってあって
怖くて「取らせて」と言えなかったらしい。
私だってそこまでは要求しない。
そのあたりの判断が出来ないのが悪いんだ。

子ども会のソフトボール大会の手伝いをした時に
役員のお母さん方が
審判役の男の人たちにせっせと奉仕するのを見て
ものっそ違和感を感じた。
こっちだって地域のために動いてる。対等じゃんか。
お茶なんか紙コップとクーラーを置いておいて「どうぞ」でいかんのか。

男尊女卑を作っているのは女だと私は思うぞ?
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]