忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

首都圏暴風雨のニュースに
「中止でもいいんだけどなあ。でぃずにーだけでいいんだけどな」と言った。

その時に気づくべきだった。それが予兆だったのだ。
修学旅行二日目の早朝、電話が鳴った。
「熱を出しました。今から病院に向います」
「熱があがりました。迎えに来てもらえますか」
何れも養護の先生からだったが、声がはしゃいで聞こえた。
はしゃぐってもこちらに悪意があるわけじゃなくて
ちょっとした緊急事態に興奮状態になるアレだ。焦りや緊張とは明らかに違う。
その心理状態も分からないでもないが、それを抑えるのがプロだろう。

右も左も分からない私よりはと旦那が行く。
新幹線代は当然自費である。計35000円の出費だった。

風邪は風邪だったらしいが(インフルエンザじゃない)
高熱の原因は多分睡眠不足。
帰りの新幹線と自宅で寝るだけ寝たら回復した。
翌日電話を下さった担任はそれを聞いて申し訳なさそうにしていたが
(っても寝たから治ったのであって旅行続行では悪化していただろう)
養護の先生はお金の事ばかり(保険がどうの 立替がどうの)。
こちらは迷惑をかけて申し訳ないとしか言えないのだけど
当人にしてみれば一生一度の中学の修学旅行なのだから
現場の、しかも養護関係ならばもうちょっと精神的フォローがあってもいいような気がする。

まあ何にせよ本人の運が悪いんだけどね。
って出発直前に不吉なこと言うからだよ 息子!

そんな息子が買って来たおみやげは
祖母用に円座クッション。(娘に携帯ストラップ)(男たちの分は都内の予定だったらしく何もない)
これを見せたら母は「やさしい子だねえ」って涙ぐむんだろうが
(といってもでぃずにーキャラのだからちょっと引くかも知れんが)
そのやさしい子を育てたのは私だからね 私!

なんちって。息子の性質は生まれつきで私の手柄じゃないんだよなあ…

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]