忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[628] [627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
美容院を予約した。
私じゃない 娘が。

一時間くらいあいてしまった。
「何しよう」
「リビングの問題集を片付けろ」

自室は勿論、パソ部屋にもリビングにも娘のものが山となっている。
要るもの、弟にとっておくもの、捨てるもの。
分類してくれなきゃ縛る事も出来ない。
「面倒くさい」とぼやくのを
10日を過ぎると後期日程の友人達も暇になり
その分忙しくなる筈だから「今のうち」と急かす。
片付けるなら早い方がいいに決まってる。

見覚えのあるやつないやつ積み上げながら
娘の受験生活を思い起こす。
先週の今頃はまだ真っ最中だった。
こんなに勉強したんだなあ…
結果はともかく「勉強した」という事実は娘の中に残る。
知識という直接的なものじゃなく、
目的に向って懸命に頑張った という経験が。

なんて感傷に浸ったりするが、それは娘が目の前にいない時。

こいつを見ているとそういう感動とは無縁に思えてくるのだ。

放り出すだけ放り出し、
履歴書と検定証も出すだけ出して
娘は美容院に行った。

どんなになって帰ってくるやら。
ちなみに片付けは紐が足りなくなって中断。
娘が帰りに買ってきてくれるはずだが。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]