忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つむじ である。
息子にはつむじが三個ある。
二個あると蔵が建つというが三個だとどうなるんだ。
しかも息子は左利きである。
こうなるともう「天才」じゃないか。

だが息子は「普通」が好きである。
順位も真ん中であれば安心している。

ま ただの怠慢なアホというか。

小学校入学のあたりまではまだ期待があった。
数字に強く、6歳にして1600+500×3を即座に暗算し
(分かる人には分かる。遊戯王DMのプレステゲームである)
8000-(2850+500)を娘の筆算より早く暗算し、しかも正解(娘は×)。
(これも分かる人には分かる。遊戯王のカードゲームである)
娘の時には散々苦労させられた「時計」も難なくクリア。
知らない間にクリア。九九もそう。

そこそこ見込みあると思うのだが
いかんせん欲も根性も資質のうちで、息子にはそれが欠落している。

高校から「進路別選択の説明会」のお知らせが来た。
なぜか父兄同席で催される。
…行かなきゃいかんのか?

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]