忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1132] [1131] [1130] [1129] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「人生に憂いのない日ってどれくらいあるんだろう」

鬱で自殺した友人が言っていた。
「自分の事のように嬉しい(哀しい)って本当?」とも。

憂いのない日なんてこの先はないような気がする。
でも育児ノイローゼのまっ最中にも同じ事を考えていたから
そしてその後それなりに「人生の春!」みたいな日々もあったから
いろいろ落ち着いた先にはゆったりとした老後があるのかも知れない。

だからといって自殺した彼女を否定するわけじゃない。
それはまた問題が違う。
私は彼女に何も約束してあげられなかったし
彼女の家族が抱える問題は私には分からない。
死にたいと思うのと、自分はいない方がいいと思うのと
生きていたくないと思うのと、同じようで全部違う。

生きるのって面倒だなあと時々思う。
楽しみと面倒ごとの比率が影響しているんだろう。
この比率の受容度が人生を左右するのかも知れない。
五分五分なら上等と看做すか、楽しみが多くなければならないと思うか。
楽しみというのは娯楽に限らず、仕事のやりがいとか充実感を含む。

実際には一割に満たない楽しみでも
気持ちの大半をそこに注いでいたら、人生は愉しくなるだろう。

ということは要領なのかなあ……
分かりきった事をくだくだ考えているだけなのか 私は。

前に「面倒な家事でも 慣れている作業なら頭の中は自由だよ」と
ネット上の友人に言った事があるっけ。
その頃はぼーっと何かをやりながらあれこれ妄想して
それで結構人生愉しんでいた気がする。
今はそれが出来ないだけなのかしら?


自分の事のように嬉しい 哀しいという表現は
言葉でのあやでしかないと思う。
心の底からそう感じられないからといって
自分が薄情だと責める必要なないんじゃないか。

私にとってその状況は、正確には
喜んでいるあなたを見ていると私も嬉しくなる
であるし
辛いだろうと考えるだけで私も辛くなる
である。
その傍で羨ましいと感じるのも自分だし
私にだって苦労はあるのよと呟くのも自分だし。

新聞に時々「ふくしま作業員日誌」という記事が載る。
すごく大変な作業をしているのに淡々とした語り口である。
(ゴーグルの曇り止めに一番いいのはこれだけど
近隣のショップでは売り切れちゃっててねえ とか)
犬の話や女の子が貼ったメッセージの事とか
ささやかな事が「楽しみ」だと語られている。
もっと苦労話でもいいのに もっと賛辞を求めたっていいのに
なんの気負いもない。

うまくまとめられないけど なんかね なんか なんだ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
感受性
ありますよ、人さまの喜びが自分のことのようにうれしいこと。
躍り上がって喜んじゃうようなこと。
何日も何日も思い返してはニコニコしたり笑ったりすること、ふっとうれしさに泣いたりすること、家族でも何でもない人なのに。
でもそれは、苦しみや悲しみをたくさん舐めてきた人に訪れた喜びを聞いたときにのみ起こる特別なことです。そうそうはありません。
ところで小さな喜び、小さな幸せを感じられることってとてもありがたいことだと思います。
一輪の花に、ああなんてきれいだろうと感動できれば、その日はすごく素晴らしい日ではないですか?
ちいさな喜びや楽しみが感じられないのは
濃い味付けに慣れ過ぎて、素材の味が分からなくなっている味覚と似ているような気がします。
感受性が貧血状態になっているのかもしれませんね。
私にも時々起ります。
私の場合、ただのんびりと戻るのを待つだけです。
ちやこ URL 2011.09.11[Sun]18:13:44 編集
Re:感受性
>ありますよ、人さまの喜びが自分のことのようにうれしいこと。
それは感受性云々じゃなく
邪心のない純粋な心のなせるわざだと思います。

>小さな幸せを感じられることってとてもありがたいことだと思います。
ささいな事で一日気分よく過ごせる事も時々ですが、あります。
でも人生の拠り所にはならない。
日記に毎日ひとつ嬉しかった事を書こうと思った時もありますが。

感受性が貧血状態。
貧血ならなー 治るけどなー
加齢による老朽欠如だったら戻らないよなあ。

>私の場合、ただのんびりと戻るのを待つだけです。
うん。それしかない。焦って呼び戻せるものでもない。
忘れた頃に突然やってくるのが萌え心(ん?)。
[2011.09.12 10:37]
忍者ブログ [PR]