忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1120] [1118] [1117] [1116]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
娘とスカイプで長電話。
週末あちらの男の子とあちこちしたみたいで
今日は誰とも喋りたくない気分だったってさ。だから私か?
現地の男の子は車を持っているので便利とか言う。
女の子は優しいし、アメリカってもしかしていいとこなのか。
そのうえミールクーポンでの食事は量も味もばっちりだって。
(食費として2万円相当額を払っている。ミールクーポンで支給される。
構内のカフェテリアで使っているようだが、ピザとかローストビーフとか食べ放題。
そりゃひとまわりでかくなって帰って来るさ)
部屋が狭いのが難といえば難か。でも二人部屋を独り占めできるならいいよね。

昨日息子が塾に行った。学校から直接コース。
時間は余るはずだから自習室で勉強して、と勝手に考えていたが
本屋で問題集見てご飯食べて受付済ませてたら時間がなくなったと言う。
帰宅は9時半。眠そうな顔をしている。
講義時間だけがその日の勉強時間の全部なら勿体無いなと思う。
だがまあ週一回(もう一回は土曜日)のことなら気分転換でいいか。
なんであれ自分で決めたことだ。

高校受験のあたりから英語が急成長した娘は
高校入学後に英語の教師になりたいと言いだした。
今思えば一年の担任でもあった英語教諭に刺激を受けたのかも知れない。
それをもとに進路を決め、志望校には合格できなかったが
留学して本場の発音を習得し、豊富な知識と共に子供達に教えたいという
目的にはちゃんと踏み出せた。

受験勉強中の息子は経済と経営の違いも把握できていないが
とりあえずその方向で大学を決めた。
きっかけは私が買っていた「クロサギ」なるマンガである。
こいつ本当に分かってるのかなあと思わないでもないが
高校受験の時も最初の思い込みのまま最後まで迷わなかった。
(こいつの場合 あまり良い意味じゃない)

迷わない理由のひとつに
迷う勇気がないことも考えられる。私がそうだ。
マージャンをやっていて、テンパるとすぐにリーチをかける。
逃げ道を潰すためである。読むのが面倒というのもあるが
迷いたくないのも一因である。
人生においてもこういう博打を打つ。考えたくない。迷いたくない。
その一方でものすごく優柔不断でもある。
矛盾するその性格の根底は、実は勇気がないだけなのかも知れない。
今を犠牲にして未来を勝ち取るために迷うのも勇気。
自分の判断を信じて決断するのも勇気。その結果を背負う勇気。

でも人生なんてそれぞれなんだもん。

義母が「あの人は不幸だ」と言う。近所の人とか親類とか。
「ものさしはひとつじゃないよ」と私は言う。
何が幸せなのか分からないじゃない。

義父には腹違いの弟がふたりいる。
弟らの母親は教育熱心な人だったらしく、ふたりとも東海から名大。
上の弟は本人も勉強が好きだったようでその後も大学や研究室で勤務。
下の弟は勉強はもう嫌だと、それでも一流企業に就職した。
義母は義父を眺めて「弟たちはあんなに優秀なのに」と言う。
「でもいいじゃん。お義父さん 幸せそうにしてるから」
弟と自分を比較して卑屈になったり、義理の母親を恨んだりしてたら
不幸かも知れないけど、義父はそりゃ我儘だけど幸せそうである。

学歴は墓までもっていけない。
どころか。高学歴が幸せな家庭を築くとは限らない。

娘にはアメリカ留学の実績より、愉しい思い出を、有意義な経験を
持って帰って欲しい。
息子には受験勉強を愉しんで欲しい。

私はもう傍観者でいたい。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]