忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

息子が八宝菜を作ってくれとうるさいので
(勿論八宝菜だけでは済まない。揚げソバが食べたいのである)
夏中責められてもかなわんと作る。
やきそばが4袋あった。
半袋だけ残し(旦那は焼いて八宝菜と絡める)全部揚げる。
娘が少し食べ、残りを(つまり三袋強)息子が食べてしまう。
最後まで「うめー 八宝菜うめー」と言い続けていた。
さすがにちょっと呆れた。

「そんなにおいしい八宝菜をどうやって作るんだろう」
と思う人がいるかも知れない。
(直接の知り合いならそうは思わないだろうが)
おいしくないのである。
何せフライパンでは間に合わず、最終的には大鍋になってしまう
我が家の八宝菜だもの おいしいわけがない。

肉といか・エビを炒め こしょうとしょうゆをかける→大鍋へ。
エリンギ(しいたけのかわり)と野菜の芯を炒め 塩コショウ→大鍋へ。
別の鍋にお湯を沸かし、チキンブイヨン・コショウ・しょうゆで味付け
大鍋に入れ、
野菜の葉っぱとキクラゲなど炒める→大鍋へ。
とろみをつけて(うずらの卵を入れて)出来上がり。

一度少量ずつ(ひとりにひとつのフライパン)で作ったら
娘が「おいしい」と言った。
そうだよなあ… 大鍋じゃ煮物状態だ。火力が勝負の中華じゃねえ。


娘には他に花しゅうまいを作る。
何が花かというと皮で包むのではなく
市販の皮を細長く切って肉餡にまぶすのである。
包むより簡単で見栄えもいい。
数人分作るなら錦糸玉子も作ってふりかけるともっときれい。

旦那には麻婆豆腐。
いつもはクックどぅを使うのだが
「まーぼの素 一箱150円」と「トウバンジャン 一瓶198円」に揺れた。
自分で味付けしてみる。
意外と簡単だった。ごま油ににんにくチップとしょうがを入れてネギ入れて
ひき肉いれて塩ふって醤油いれてトウバンジャンを入れる。
豆腐を入れてトロミをつけて終わり。
「まーぼの素」よりさらりとしていて辛味も調整できる。

こんだけ作ると一杯だった冷蔵庫が空になる。
いつになったら食費が減らせるのだろう?
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]