忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[461] [460] [459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
今日で期末終わりだ!
娘はそのままカラオケに行くと言ったから
今日は夕方までフリーなんだぜ。

模試がひとつ減った。
「名大レベルの模試」だと思ったら
「名大対象の模試」だったみたいで
それなら受けても仕方ないと申し込みをやめた。
3000円うっきー

「午後からカラオケに行くんだけど 昼ご飯をどうしよう」
「持ち込み可なの?」
「らしい。学校で食べてから行くか 持って行くか」

金曜日は子供たちが弁当、旦那が自力で調達の日である。
娘は「おとうさんお弁当で 私コンビニにならない?」と言う。
「ならん」と私。息子も今週はコンビニなしなんだから。
「カラオケにお弁当持って行くのはなあ…」
「だったらお父さんに交渉して お弁当の権利を350円で買って貰うんだね」

なんてややこしい。
でも私としては娘にコンビニを許可するわけにはいかないんだ。

んで娘は父親に頼んだわけだが。
旦那は「いいよ」と言わなかった。
「俺は明日ラーメン食べに行くもんね」

…全く。
娘が諦めて自室に引き上げた後、
「あの子 ちゃんと説明した? なんて言ったの?」と確かめる。
どうやらカラオケ云々は言わず弁当を持っていけと言ったらしい。
「テストが終るから 午後カラオケに行くんだよ。
カラオケに持ち込むならコンビニの方が都合いいでしょう」
「そうならそう言えばいいのに」
「あんたもなんで訊き返さなかったの!」

そして今朝娘に「言い方が悪い。男にものを頼む時は巧くやれ」と諭す。
旦那が350円テーブルに置いていったので
「ちゃんとお礼を言いなさいよ!」と念を押す。
うるさいなあと娘は言う。自分でもうるさいと思う。
でもそれで気分よく出来るなら言葉なんて安いもんだろ。

何はともあれ夕方までひとりだ。
昼ご飯の心配も要らんしの。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]