忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[108] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [99] [96] [95] [92]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

腹を立ててばかりも進歩がないと分かってる。
出口を探していろいろ考えたりもする。

自分の攻撃性は実は自信のなさからきている。
高慢に見えるのはコンプレックスの裏返し。
ガードがきついから同情も理解もして貰えない。
それでもいいと思ってきたけど、とにかく今までと同じでは何も変えられない。

まず自信を取り戻すこと。
自分は絶対人並以下じゃない。心の底からそう信じること。

旦那や子供に「信じられない」「馬鹿じゃないの」と呆れられる。
でも親にかけられた暗示による思い込みというのはそれほど強いんだ。

5の並んだ通知表を受け取る子供は決して馬鹿じゃない。
でもいつも5があるから通知表に5があるのは当たり前と思っている。
それは馬鹿でない事の証明にはならない。
学年で10番は決して悪い成績ではない。
でも親が「ふうん」と言ったら「ふうん」な結果なわけだ。

「あんたは逆上がりが出来ないから公立中学には行けない」
といわれて私立中学を受験した。
それも周囲に言わせれば「なんでそれで納得できる?」だ。
うーん。その時は疑問にも思わなかったんだよ。
しかも入れられた私立中学は市内で一番体育指導が厳しい学校だった。
私は鉄棒の自主トレに通った。
それでも私立にしか通えなかったのは自分のせいで
授業料を払ってくれた親には頭が上がらない。
授業料だけでも負担なんだから欲しい物があっても言ってはいけない。
だから自分でこっそり制服を縫い直したり靴に修正液を塗ったりする。

「不満があるなら言えばよかったじゃない」と娘は言う。
言っていた時期もあったさ。ずっと小さい頃。
でも言うだけ無駄 が続くと自己防衛本能も働いて諦める事を覚え
更には感じなくなる事を覚える。

もともと空想癖のある子どもだったから逃げ場には困らなかった。
布団に潜って泣くのが楽しかった。

「出来が悪い」「みっともない」って思い込んでいたから
何も望まない。それが当然だから卑屈にもならない。

だからまあ不幸だったわけじゃない。
姉貴の目には「幸せな子」に映っていたようだし(だから虐められた)。

なかなか自分を肯定できないだけ。
ネットを知って、そこにいる自分は肯定できるようになった。
誉め言葉も一杯貰ったし。
だから自分はもうこれでいいんだと思っていたけど
欠落している部分は今のうちに修復しておいた方がいいようだ。

でないと
「今のお母さんとお前の関係が そのまま娘とお前の関係になるぞ」。
うわ。それは困る。それは嫌だ。

自信を取り戻す事。
そうすればもっと自然体になれる。
攻撃も言い訳の武装も必要でなくなる。
相手を許す事もできる。自分ももっと好きになれる。

ネットではそれが出来ていたんだ。
引け目はやっぱりどこかにあったけど
でもそこにいる自分は自分の事を好きな自分だった。


ひとつずつ取り返していくしかないんだろうな。
「天才」「美人」「良妻」「賢母」「善人」と自分に言い続ける。
周囲を暗示にかけ、周囲の口からもそれを言わせる(相乗効果)。

既に笑い話だ…

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]