忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [106] [105] [104] [103] [102]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日午後病院より電話。退院許可が出たとのこと。
即退院ではないが、本人が出たがっているので引き延ばせても週末まで。

次の病院の入院まで果たして自宅で生活できるのか。
当人は「できる」と言い張っているが、できない場合の責任なんかとれない。
夕方ケアマネさんに電話してみる。
もともと婦長さんからショートスティの予約をとっておくように言われている。
当人がまだ「うん」と言わないから予約はできないまでもいろいろ訊いておこうと。
今のケアマネさんは若くて可愛い女の人である。
可愛いといってもケアマネになるには5年の実働経験が必要だから
すごく若いわけじゃないけど可愛い人である。
こんな可愛い人が福祉やるんだと嬉しかったけど母は気にいらない様子。
やっぱ頼りないのかなあ?と電話してみたが、
気持ちのいい声で丁寧に応対してくれた。
ショートスティの説明も、こちらの状況をふまえた上での提案も
親身になってしてくれた。

きれいな女の人に親切にされると嬉しいよね。
変な趣味なくても嬉しいよね。スチュワーデスさんも好きだ。

じゃなくて。
その電話で少し ってか かなり気が楽になった。

で。今朝。
退院の打ち合わせに病院に行かなくてはならないのだが
帰りに買い物も済ませたいから自転車で行って
父親とは病院で待ち合わせればいいと思ったいたら
「話があるから迎えに行く」だと。

ああ。また同居の話かなあ。
せめて息子の高校入学まで待ってというのがどうして分からないかなあ。
転校させたくないし受験の最中にごたごたしたくない。
今のままでは絶対母と私は喧嘩する。私は子供に八つ当たりする。
転校して受験控えてストレスだらけの息子は逃げ場がなくなる。

介護施設の力を借りて一年半乗り切ってみようと考えてくれないかな。
今度の手術がうまくいけばある程度は回復するはずだし。
ショートスティとデイケアで補えない分は私が通うし。
ヘルパーさんや訪問看護を頼む方法もあるし。
そもそも母は同居を歓迎してなんかいないのだ。
私に主婦の座を明け渡す気など毛頭ない。
この状況で同居となったらあらゆる意味で問題がおこる。
一番嫌な経済的な揉め事も。
父にしても体力的限界というより精神的解放が欲しいだけなんだ。
同居したらゴルフも好きにいけるし誘われている中国にだって毎月行ける。
でもゴルフも海外旅行も散々やったじゃない。


ここで負けたら家庭崩壊というくらいの気概をもって立ち向かわなきゃだわ!
罪悪感なんかこの際捨てなきゃ!
子供のためなんて大義名分は要らない。私のためにだ。
私は私の精神と家族を守りたいもん!
自分の育った家庭にはなかった「ささやかな幸せ」をなくしたくないもん!

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]