忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[870] [869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析

子育てして人間が出来るなら
おばたりあん なる種族が発生するわけない。

育児が育自なんて嘘である。

「これだから子供を育てたことのない女は」
って、それを吐くあんたはどんだけ人間出来てるの?
そんなこと平気で言えちゃうあたり無神経ちゃうの。

子供います。ふたり。ええ。育児は決して楽じゃありませんでした。
忍耐も必要だし、感謝の気持ちも必要だし、
子供のために近所づきあいも頑張って社交性も培われました。
で?
そんなもん全部忘れました。

周囲、当然子育てをほぼ終えた、少なくとも経験した奥様方です。
いい大人もいれば、子供のままの人もいます。

娘の担任で一生懸命だった教師は
全部独身女性でした。
4人。
どれも素晴らしい先生でした。
ずっと前に新聞で新任の女性教師を
「子育てした事のない女」と批判した父兄がいたと書いてあった。
あほ ちゃうか。

子供を産み育てるのが、そんな偉い事か。
確かに重労働だけれど
その上にあぐらをかいていい功績となったかどうか
自分の子を見て考えてみなさい。

こーゆーことを堂々と言えるという意味で
子供がいてよかったと思う。
子供がいないと言いにくい。


でもな。
子供が出来ないとか
子供が障害児だとか
それはそれで苦労もある事だと思うけど
被害者意識はもたんでくれ。
世間全てが敵なんて思わないでくれ。
攻撃が最大の防御なんて考えないでくれ。

子を持つ親よ。健常者たちよ。
どうかそんな風に感じさせないで欲しい。

子供を産んだ事は社会への貢献になるかも知れないけど
迷惑にもなってる。
健康であることで社会に奉仕しているかも知れないけど
消費によって世界を食い潰してもいる。

基本なんて同じだよね。
相手の立場を思いやることだよね。
想像力が少しだけあれば簡単なことなんだけど。


(実践云々についてのつっこみはお控えくださいませね)
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]