忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
昨日の続き。

接骨院と車校を済ませて戻った娘が
「今から めがね 見に行く?」と言った。
近所のめがねやさんのつもりだった。
ひとりじゃ絶対決められないから、娘につきあって欲しい。
てか勢いがつかないとなかなか買えない。

あれこれ見て、「検眼だけでもどうですか」の言葉に「それじゃ」と乗って
現時点では「めがねをかけた顔」そのものに馴染めないから
似合う似合わないより慣れる方が先だしな とか
日常生活はなしでもいいよと言われたけど
やっぱ20年前のめがねじゃいろいろ支障もある(主にデザイン面)から
安いのをかって様子見ようかと
気に入ったのもあった事なのでそれを購入。
レンズオプションもつかなかったから9500円ぽっきりである。

安いけど、「これくらいなら出してもいいなあ」というやつよりも
気に入ってるし、娘も「値段のわりに安っぽくない」とか言うし、
買物としては満足である。

カウンターで「つきあってくれたお礼にアイスクリームを買ってあげよう」と
言ったら「新しく出来たカフェに行きたい」とぬかす。
そこで娘にランチを奢らせる予定だったが、仕方ない。
てくてく歩いてお茶をする。
ふたりで駄弁っているうちに、買物の達成感も合わせて、気が晴れてきた。

収支とんとんな一日となった。ま 娘に感謝かな。


父親のアレは夫婦喧嘩の八つ当たりというか、愚痴みたいなもんだろう。
愚痴なら愚痴らしく言ってくれたら相槌も打てるけど
体調不良を訴えてくるからややこやしくなるんだ。

以下、前々日の実家の様子の『想像』。
私からの電話。
『証券会社に電話したんだけど 折り返しの連絡がない。
もしかしてそっちにかかってない? ない。もしかかったらこっちに回してね』
それを切った父に、母が「電話 誰から。何の電話」とか訊く。
父は「俺名義の株を少し書き換えてやろうと思って」と言って、ついでに
「お前も 整理しておかないといかんだろ。どこそこにあるなにそれ  あれしたらどうだ」
と母名義のものに口出しをする。
母は聞こえないふりをする。
父はかちんとくるが、正面切っては何も言えない。
で苛々とため息なんぞついているうちに頭が痛くなる。
あてつけがましくそれを訴えるが、母は知ったこっちゃない。

どっちもどっちなんだよなあ。
そもそもがあそこの財布がおかしいんだもの。
母の考え方が間違っているんだが、
それを質せない父にも問題がある。
私が口出しすれば「お金が欲しい」と(たとえ悪意じゃないにしても)思われるから
関わりたくないというのが本音。

新聞で、お金がなくて進学を諦めなきゃいけない子の話に涙して
幾らあるか忘れてる母の普通預金の残高の一部を
ポストに入れてきてあげたらどんなにか幸せな気分になれるだろうと
(税務署に払うくらいならその方がいいじゃんね!)
幸福な王子のつばめの役をふってくれないかなと思ったりするけど。


ところで我が家の子供達は童話をあまり知らない。
幸福な王子もおそらく知らんだろうが
昨夜息子が美女と野獣の話を知らんと呟くのを聞いた。
ざっと筋を話し、「で ベルの愛情を受けて 野獣の姿から人間に戻るのよ」
と言ったら、ものすごく驚いた顔で「え そうなの」と言った。
……他にハッピーエンドがあるんだろうか。
童話にありがちな展開だしなとか思いつつ、
「でもさ 舞台で見た時は 野獣の時の方が可愛かったから
戻らなくてもよかったのにって思っちゃったよ ははは」と言ったら
息子は「だってこれも(アニメの野獣)可愛いよ」と頷いた。

……もしかしてこいつ 野獣のままでのハッピーエンドを想像していたのか。
……ペットが欲しいって言ってた けど。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]