忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[358] [354] [352] [351] [350] [349] [345] [344] [342] [341] [340]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
また生傷が出来た。
やっと前のが目立たなくなったのに…
年だから傷痕が薄くなるのに一年かかる。
酔ったりすると浮き上がってものすごみっともない。
それが落ち着いて過去になったと思った矢先
現在右手の甲にはくっきりと5個(…数えたら7個だった)
(って事は二度に分けてやってくれたんだな)の穴。
これは昨日の分でかさぶたになりかけてるが、
それに加えて今朝の
右腕に血の色も生々しいひっかき傷三本。
つかみあいの結果ですな。
髪の毛もひっぱられたがこれは存外痛くないの。

余談だが、以前に息子の前髪を面白がってゴムで結んだら
(註・合意の上です)
たいして引っ張ってないのに痛がって騒いだ。
かつて娘の髪を束ねていた頃は思いっきり引っ張ってたが
余程(喧嘩した時とか)でないと痛いとは言わなかった。
これは慣れなのかとその時は考えたが
ここ数年私は髪なんて結んでないから性別の差かなあと思ったり。
…どうなんだろう?
単に息子が大袈裟なだけか? ぶったたいても痛がらないんだけどな。

どたまきて電話帳で叩く(二度)。
仕返しさせろと言うからさせてやったが、これもあんまし痛くない
…と思ったら今になって痛くなってきた。これやばいんじゃないかね。

最後は「親の言う事がきけないなら帰ってくんな!」なんだが
娘は出掛けに私と旦那の靴を蹴り出していった。

この女同士の血みどろ(…まではいってないが)の争いを
息子は呆れて見ている。
我が家は男の方が温厚である。冷静である。
私と娘は頭に血がのぼると破壊に及ぶが
息子は「あとあと困るのはお母さんだよ」と冷めたことを抜かす。
旦那は結婚前に私に「俺が好きな言葉は寛容だ」と言った。

ああ! そうかね! そりゃよかったね。
でも私はやられたらやりかえす主義なんだよ!
おさまらない怒りを隠して笑うなんて芸当できねえんだよ!

いかん まじに頭痛い。
一週間更新なかったら血管切れてたと思って下さい
ってのは冗談だけど
右手の傷が机に擦れてキーボード叩くの結構痛い。
写メがあるならお見せしたい傷だぜ(今鮮やかな赤だから)。

ってこの記事を「教育」にカテゴリするのってどうよ。
PR
忍者ブログ [PR]