忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
息子同様入試後、携帯電話を購入して貰った子もいる。
ねだっていた頃は「みんな持ってる」だったが
子供の「みんな」は「みんな」じゃないって事だ。

「あんたみたいに買ってもらった子は誰と誰?」
息子が順に上げる名前を聞いて「うん?」と思う。
「ちょっと待て○○は明和だったよね。××は?」
「も 明和」
「△△は?」
結局名前のあがった9割の子が上位高校合格者だ。
「携帯を持っていない子の方が上位である確率が高いんじゃないか!」

もともとそういう方針の家庭で育っているからそうなのか
勉強の妨げになるものがないからそうなのか
息子の場合それがなくても上位じゃなかったから何とも言えんが
そういえば娘の周囲も携帯を持っていない子が大半で
何れも所謂名門校に合格している。

提案。
各公立高校で「携帯を所有したのはいつか」というアンケートをとる。
その結果を照らし合わせ
下位程所有時期が早かったなら公表したらいい。
そうしたら携帯の低年齢化を防げるんじゃないかしら?
PR
私は子供の耳掻きが好きだ。
自分が子供の時「早くお母さんになって子供の耳掻きをするんだ」と
思っていたくらい好きだ。

息子は耳掻きされるのが嫌いだ。
脅したり交換条件を出したりして穿る。

昨日突然「やって」と自分から言い出した。
そのかわりあれこれ注文をつけ、好きにさせてくれない。
その上
いつの間に育ったのか「頭がでかい」かつ「固い」。
頭蓋骨なんてそう変わるものではないのだろうが
「固い頭」と「柔らかい頭」があるのだ。
これまで柔らかい感じだった息子の頭だが
旦那のそれと変わりなくなってしまった。

「私がほじりたいのは子供の耳なんだ」と実感。

もう息子は強制耳掻きから解放してやろう。
自分で好きにしていいよ。

冬になると私はリビングに隣接した和室で昼寝・ごろ寝をする。
見たくないテレビだと寝転がってマンガを読んでいたりする。
去年まで息子はCMになると駆け寄ってきてベッドに潜り込んできた。
だが今年は来てもベッドの横をうろつくだけ。
潜り込みたい気持ちはあっても理性が働くようになったんだな。

我が家の子供の「おねだり攻撃」のひとつに
抱きつくというのがある。
私が嫌がって「分かった! 分かったから」と許すのが狙いである。
先日息子がそれを仕掛けようとしたので
思わず持っていたキッチンバサミの刃先を向けて制止した。
「ひっでえ」と息子は呆れたが
自分より上背のある男に抱きつかれたくねえよ。

ああ。もっとちっこい頃にいっぱい抱っこしておけばよかった。
子育ての頃は子供のぬくもりを愉しむ余裕もなくて
自分と子供の境界線をきっちりにしておきたくて
泣いた時しか抱っこしなかった。
もっともっとぎゅうしておけばよかった。
今も時々「ぎゅうしたい」と思うが、実際に顔を見ると萎える。

孫が生まれたら一杯一杯抱っこしよう。
手の甲のかさぶたがめくれ始めた。
腕の方はまだなまっぽいがでも痒い。でも痛い。
かさぶたのあるうちは「傷」だが とれると「痣」になるんだよなあ…
うう 汚い手。

さて。地元の中学では給食はないが昼に牛乳が出る。
ミルク代として半年ごとに徴収されるが
育ち盛りに朝ご飯の時の一杯だけじゃ足りないから有難いと思っていた。

先日ランチを注文し忘れていた息子は昼ご飯がなく
(担任に言えば買ってきてくれるのだが 面倒だったらしく)
「牛乳を6本飲んだら 腹が痛くなった」と言う。
アホかと叫んだ後、「え? でもなんで6本もあるの?」と気づいた。
そんなに欠席者がいるわけもない。
「飲みたくないって奴結構いるもん」
「はあ? 待て それじゃ飲み残しはそのまま捨てられるの?」
これまでも三本飲んだ五本飲んだという話は聞いていたが
まさか余った分じゃなく飲まれなかった分だとは思いもしなかった。

ちょっと眩暈がしたぞ。
まずお金を払ってくれている親に申し訳ないだろうが?
んで食べ物を粗末にしちゃいかんだろうが?
学校がそれを黙認するのもおかしな話だろう。
そりゃ腹具合の悪い子とかに強要するわけにもいかんだろうけど
でも飲まれなかった牛乳をどうするって捨てるしかないんだろう?

そうそう。ランチにはパンがつくのだが
欠席者のそれをくれる先生と規則だから駄目だと廃棄に回す先生がいる。
プリントと一緒に自宅に届けるというのなら話は別だが
(にしても今の子供がありがたくそれを受け取るかしら?)
捨ててしまうなら欲しい子にあげればいいじゃないか。

教育の場で食べ物を粗末にするなんておかしい。

あ。
給食費を払わない親というのが一時期話題になったが
小学校も中学みたいにランチ制にすればいいと思う。
ランチカードを各自購入して、献立を見て注文。
注文しなかった日は親がお弁当を作る。
面倒なら月単位で申し込めばいい。勿論ランチカードを買って。
引き落としとか振込みとかやってるから払わずに済んでしまう。
カードを買わなきゃ注文できず、注文しなきゃランチがない。
これならどんな親でも払うか弁当作るかしかないだろう。
「別に頼んでないもの」も「おいしくないのに払うなんて」も通用しないぞ。
まずいならおいしい弁当を作ればいいんだもんね。
でもって頼んでないなら昼になっても出てこないだけだもんね。
そうそう。
私は自分で経験しているのでそれほど奇異には感じないが
旦那は「なんでだ?」と首を傾げる。
たとえば兄弟と喧嘩したあと、その相手の部屋に行き報復をしてくる
ということ。
怒りに任せて相手が大事にしている何かを壊すこと。

ちなみに現在ディスプレイの下の方に二箇所傷がついている。
昨日娘が本体を押し倒していったせいである。
あいつは昔から何かというと「パソコン壊してやる!」なのだ。
今回はこちらも「もし壊れたらあいつ名義の貯金をおろしてやる」と
決めているので半ば「勝手にしろ」な気分であるが。
(でも私は今のパソが好きだから新しいのには馴染めないかも知れない)
(よって更新が途切れたら娘にパソが破壊されたと思って下さい)
(って冗談だけど)(いや そうとばかりはいえないかも知れん)

話を戻すと
「だって私も姉貴にサンダルの紐切られたし
本棚の本 放り出されたりとかあった気がするよ?
大体が母親に大事に飾ってあった出来そこないのドライフラワー捨てられたもん。
自分の部屋の本棚の隅っこに置いてあったんだから邪魔なわけもないのに
わざわざ引きずり出してベランダに放られた。
アニメの一回目の放映の時 新聞から丁寧に切り取った番組欄を
いきなりくしゃくしゃにされた事もあったしなあ…」
旦那は唖然と「分からん」。

いやいや。考えてみたまえ。
「若草物語」でも末娘がジョーの書いた小説原稿を燃やしている。

んだから私は別に普通に思っていた
…んだが、息子はそういうことやらんなあ…
姉に大事なテープ消されても仕返しもしてないしなあ…

「じゃ これはお前の血筋か!」って言われちゃったよ。
まあ そういうことになるんかな…
私はずっと前に旦那に「アニメOP集」のビデオを間違って消され
腹いせに旦那の「ベストテニス」全巻をゴミにした記憶があるが
子供たちに対してそういうのをやった事はないから
これは学習ではなく遺伝なのだろうなあ。

負の連鎖。
んでもそれは婚姻と努力によって(一代では無理でも)薄れていき
いつかどこかで断ち切られると思ってるよ。

また生傷が出来た。
やっと前のが目立たなくなったのに…
年だから傷痕が薄くなるのに一年かかる。
酔ったりすると浮き上がってものすごみっともない。
それが落ち着いて過去になったと思った矢先
現在右手の甲にはくっきりと5個(…数えたら7個だった)
(って事は二度に分けてやってくれたんだな)の穴。
これは昨日の分でかさぶたになりかけてるが、
それに加えて今朝の
右腕に血の色も生々しいひっかき傷三本。
つかみあいの結果ですな。
髪の毛もひっぱられたがこれは存外痛くないの。

余談だが、以前に息子の前髪を面白がってゴムで結んだら
(註・合意の上です)
たいして引っ張ってないのに痛がって騒いだ。
かつて娘の髪を束ねていた頃は思いっきり引っ張ってたが
余程(喧嘩した時とか)でないと痛いとは言わなかった。
これは慣れなのかとその時は考えたが
ここ数年私は髪なんて結んでないから性別の差かなあと思ったり。
…どうなんだろう?
単に息子が大袈裟なだけか? ぶったたいても痛がらないんだけどな。

どたまきて電話帳で叩く(二度)。
仕返しさせろと言うからさせてやったが、これもあんまし痛くない
…と思ったら今になって痛くなってきた。これやばいんじゃないかね。

最後は「親の言う事がきけないなら帰ってくんな!」なんだが
娘は出掛けに私と旦那の靴を蹴り出していった。

この女同士の血みどろ(…まではいってないが)の争いを
息子は呆れて見ている。
我が家は男の方が温厚である。冷静である。
私と娘は頭に血がのぼると破壊に及ぶが
息子は「あとあと困るのはお母さんだよ」と冷めたことを抜かす。
旦那は結婚前に私に「俺が好きな言葉は寛容だ」と言った。

ああ! そうかね! そりゃよかったね。
でも私はやられたらやりかえす主義なんだよ!
おさまらない怒りを隠して笑うなんて芸当できねえんだよ!

いかん まじに頭痛い。
一週間更新なかったら血管切れてたと思って下さい
ってのは冗談だけど
右手の傷が机に擦れてキーボード叩くの結構痛い。
写メがあるならお見せしたい傷だぜ(今鮮やかな赤だから)。

ってこの記事を「教育」にカテゴリするのってどうよ。
忍者ブログ [PR]