忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[610] [609] [608] [607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

娘が風邪をひき息子もひいて旦那もひいた。
一日~半日ずつの時間差だから伝染し合ったというより
一度に感染したんじゃないだろうか。
私が思うに日曜日に行った焼肉屋の店員がヴィルスをもっていて
サラダを食べた旦那と娘、ご飯と水をおかわりした息子が感染した。
私は炎症のせいで微熱あったし殆ど食べていないから免れた。

体調が悪いのに「勉強しなきゃ」と呻く娘がいたましかった。
それでも眠気に勝てず「起こしてね」と昼寝する。
「時間だよ」と声をかけると苦しそうに息を吐く。
精神的にも肉体的にも楽なのは寝ている時だけだもんなあ…
「夢から覚める時が一番辛い」と病床で言った姉を思い出し涙ぐむ。

「とにかく身体を休めなきゃ! 疲れもあるんだから!」
そう。センターが終って、しかもあの結果で力も気も抜け切ってる。
焦りだけが走って相当にしんどい状態の筈。

二日目、息子が朝熱を計り、「休む」とベッドに潜り込む。
それきり出てこない。ずーっとずーっと寝ている。
もともとこいつはひたすら寝て治す。にしても寝すぎだろ。

二度「汗かいた」と着替える。
それ以外ずっと自分の部屋にいる。
そして次の日学校に行った。

私が娘のことで頭一杯なのが分かっているのか
全く手をかけなかった。
赤ん坊の時からそういう奴なんだ。

そして旦那が発病。
大騒ぎして病院にいき点滴まで受けてくる。
息子がぼそっと「なんだ? 病気になって嬉しいんかな」と言う。
「馬鹿じゃない証明になって…」
娘とふたりで大受け。

さてさて。
センターの結果を見てショックはショックだったが
それでもまだ甘かった。
私立出願ぎりぎりになって
センター結果があてにできないということは
すべり止めの学科がひとつに減ってしまうという事だと気づく。
センター+ふたつと一般受験で◎をもらっていたのだが
そのふたつが消えてしまうのである。
しかも今回みたく当日のテンションなんて分からない。
慌てて見直しをする。

そこで衝撃の事実が明らかになる。
本命以外の受験校を娘が実に適当に決めていたか。
確かにレベル的に県内に選べるほどの大学はない。
だが同じ学部でもA学科にするかB学科にするか、
同じ大学内にほかに教職のとれる学部はないのか などなど。

すべり止めを考慮して私学の受験日程を組み直す。
そして振込み。本日郵送。

これで私は楽になったけどね。もう何も出来る事はない。
娘も「あとはひたすら勉強するだけ」ともとのペースに戻った様子。

「こんなに勉強して もし結果が出なかったら
受験勉強に関する思い出も嫌なものになっちゃうんじゃないかって
前に心配してたけど。
でも 今でもあれはいい思い出になるって思える。
喧嘩したり一緒に問題集探したり そういうの愉しかった」
並んで歩きながら娘にそう言った。
これは自分でも意外だけど本当なのである。
結果がどうなっても振り返ってみると愉しかったと思う。
推薦で決めた方が楽だと思う反面
この思い出は娘が受験してくれたから得たものなんだ。

「…失恋しても 相手のこと忘れないっての ちょっと理解できた」
いや。これも本当の話。
前に知人に「分かれちゃったら思い出の品なんて見るのも嫌でしょう」と言ったら
「そうでもないんだよ。思い出は思い出なんだよ。その時は愉しかったもの」
と返ってきた。
その時はよく分からなかったけど、今はなんとなく分かる。

まだ受験勉強は続くけど、それも楽しんでいきたい。
頑張れ! 娘。


PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]