忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
某ダムの話。
マニフェストが絶対でも正解でもない。
「必要だから」とその必要性を説いた上で
住民の理解と合意を求めれば
反発も少なかったと思う。

他の公約にしても、その必要性を議論せず
ただ「マニフェストで謳ったから」と強引に実行されても
それじゃあただの独裁だろうに。

ダムの反発に対しての批判が殺到してるって
じゃあ あんたがその住民だったらどう思うね?
必要かどうかじゃない。やるかやらないかじゃない。
まず納得させてくれ 悲憤を認めてくれって思わないかね。
ダムが本当に要るのかどうかなんて私は知らない。
でもだからといって「マニフェスト」の一言で片付けて欲しくはない。


伊勢湾台風から50年だそうで。
さすがに私は経験していないが
防災センターでモニターを見た。
当時の民家の一室で、立体映像用の眼鏡をして
スクリーンを見るわけだ。
そこの住人の会話がスピーカーから流れる。
「台風の日の会話」が続く。
退屈しつつ、所詮子供向けのだからなあと思っていたら
いきなりのバッドエンド。
流木が窓を突き破って飛び込んできたのだ。
…3D眼鏡はそのためのものだった。

うへえ… つまりあの家族は助からなかったという事だよな
まさかの結末に鬱々と部屋を出る。
遊びに来たのに愉しい気分が吹っ飛んでしまった。
あんなん子供に見せていいのか。
いや見せるべきなのか。
にしても後味悪いったら。覚悟できてなかったし。

何年か前、まだ子供たちが小学生の時だった。

先日ふと思い出し、その話をし「衝撃的だったよね」と言ったら
「はあ? 全然? ちゃっちかったよ」だと。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]