忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[697] [696] [695] [694] [692] [691] [690] [689] [687] [686] [684]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
朝ふと気づいた。
ふたりとも部屋で着替えてる。
おお 少しは大人になったか。

娘がてとてと出てきた。
何を思ったか、私の横まで来ていきなりスカートを捲りあげる。
お腹のあたりで丸まったキャミを伸ばそうとするんだろうが
思わず手をあげ「なんでここでやる!」と怒鳴った。
娘は動じもせず作業を続行するが、突然動きが止まった。
「あれ?」
「?」
「えへへ?」 とずるずる腹から黒いキャミソールを引っ張り出した。
「……」
「探してたんだあ。やだ こんなとこにあった」

着た事を忘れて着ようと思って探していたのだが
当然見つかるわけがなく
仕方なく別のキャミを着たものの
なんかお腹のあたりがごろごろするなあと思ったら
探してた黒いキャミが出てきたというわけだ。

もう脱力して何も言えない。


マンガの整理もやった。気になっていた風呂掃除も終わった。
郵便局に行かなきゃいかんのだが気が進まない。

この前の定額書換えからもやもやきてるんだが
吐き出すにも聞き手にこの苛々を理解させる気力もなく。
今回のこの満期受け取りも引き受けたはいいが
もやもやの醗酵が進んでしまって、きいいっ!なもんである。

愚痴るのも面倒になったらどうしたらいいんだあ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]