忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[914] [913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と子供に向かって言って はた と気づく。

では私はどんな子に育てるつもりだったのだろう。

……何も考えていなかったような気がする。
飼育と調教まではしたが、その先は特に何も考えていない。
幼児期に「特に天才というわけでもないようだ」と思い
んじゃま そこそこにと考えたんじゃないだろうか。


暫くは無理だろうと思っていた本が届いた。
「子供は親の愛は受け取るが 期待には反発する」
「親はその違いが分からない」

子供に不自由ない生活をという形の愛はちゃっかり受け取るが
だからよりよい学歴を という期待には反抗する という事だろうか。
だがどちらいも親にとっては子供への愛情だったりする。

「子供の暴言は 親への信頼と甘えであった。
だが甘えた経験のない親には それと認識されなかった」

ああ。これは分かる。


21日はのんびりするぜと20日の日記に書いたが
バカ娘が胃腸風邪にかかった。
バカだから洗面器にゲロする。そして携帯電話で呼びつける。
「夜中に吐いたらどうしよう」と訊くから
「起こせばいいよ」と言いかけたが「頑張ってトイレに行け」と言い直す。
いつまでも子供じゃいられないんだぜ ベイビー。

本日昼前声を掛けたら「治った」と答えた。
うどんを作って食べさせる。素うどんである。それなりのペナルティは必要だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]