忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904] [903]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
心底そう思う。
被災地のためじゃなく。
全国民のために。

一割節電してそれが全部東に送れたら。
二割でもいいけど。

店頭にネオン等節減のお知らせがあった。
「そう?」っていう程度にしか感じられない。
灯りが皓々とついていなければ買えないわけじゃない。
だったらいつもそうしていればいい。

一割減らしてもこんなもの?と皆が感じて
もうちょっと頑張れば二割行くんじゃね?と皆が思って
日本中で節電が進めば
それはもう被災地だけじゃなく全国民のためになる。

三割を原発に頼っているという。
でも原発を作って廃止にした火力発電所もあるし
炉の一部を変えれば原発も火力になる(はず)。
要はタービンを回す熱を何で作るか の違いだろ?
火力も水力も原子力も。

それで一割取り戻せたら二割の削減とあわせて
原発に頼らなくてもやっていけるようになるじゃない。
そうして水力風力太陽光発電を推進して
生活を30年前に戻せば何とかなると思うのよ。

30年前と今と、決定的に違うものなんてそんなにはない。
これがなければ!というほどのものはない。


被災地の人たちは今を生きるのに精一杯だけれど
それ以外の地域の人間は
過去と未来を考えるのにいい機会だと思う。

災害を他人事にしないために
電気が送れたらいい。
電気の足りない生活を皆で分かち合いたい。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]