忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
ベランダの天井にセミが朝からはりついている。メスであるらしい。

前例でいくとここにはりついたセミはなかなか飛んでいかない。
前の時は洗剤の空き容器に水を入れて
家の中から手だけ出して四苦八苦の末、セミに当てた。

夏は洗濯物がよく乾いて嬉しいのだが
取り入れの際に注意が必要である。
裏(ってか表。日の当たる方ね)を覗いて
そこにセミがへばりついてないかどうか確認してからでないと
いきなり「じじじっ」もしくは「ばたばたっ」とやられ
フリーズする羽目になる。

一度シーツに入り込んでいるのをうっかり取り入れて
えらい目にあった事もある。
(近所の小学生に泣きついて処理して貰った)

今現在家には息子がいるが
この息子はベランダの柵にセミが止まっただけでビビる奴だから
全く助けにならない。

はああ。憂鬱。

新聞の一面に載っていた。
扶養控除をなしにして、それを子供手当ての財源にするってさ。
つまり「ああ やっとこさ子供が手を離れたわ」「でも大学の費用が大変ね」
という我が家のような家庭は事実上増税になるというわけだ。

ふざけんな!

そりゃこれは個人的な視点だけどさ。

でもね。私は予言するぞ。
この「手当て」によって世の中はますます悪くなると。
援助して貰って子育てされた子供がいい子になるわけない。
このお金の大半はブランド服とお稽古代、もしくは塾代、
或いは私学中学費用に回されるに違いないからさ。

週の大半をお稽古で埋められた子供は
「自分で時間を使う智恵が身につかない」のである。
そして「子供手当てで払えばいいっか」と安直に始めさせたお稽古だから
親もついいい加減になってしまう。
結果子供もいい加減、「やりたい」と始めた事を投げ出すような子になるわけさ。
ブランド服に関しては何をかいわんや だ。

そして私立中学受験者が増えることによって
1 「受験戦争の過熱」
2 「幼児教育の更なる低年齢化」
3 「公立中学の荒廃」
が懸念される。

どや!

でもって事実上増税となるのは専業主婦所帯なのである。
専業主婦がいなくなったら子供たちは行き場をなくして荒れるぞ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]