忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
カウンターに置いてあった息子のプリントを見る。
数学の課題で
解けた ○  解説を読んで理解した △  解説を読んでも分からない ×
とチェックを入れるようになっている。
△の後に×が並んでいる。
「×をつけて終わりかああ! 娘か私に訊くくらいせんかい」

だがいきなり質問されて答えられるかどうか。
問題を引っ張り出して該当する番号のところを見る。
因数分解。や 嫌いじゃない。
だが三乗のやつなんか記憶にない。しかもたすき掛け?
ページを繰って公式を探す。
何とか解けるようになった。
なったが、受験勉強の数学とのあまりの差に愕然とする。
いきなり難しいではないか!

夜息子に教えるが、そのやる気のなさにこちらもやる気をなくす。
娘曰く「放っておけ」。
そうなんだけどさあ…

その後、ぼーっとテレビを見ていたらば。
何やら床に動く物体が。

全身の血が凍りついた。
あれは! もしかして もしかしなくて G!

我が家にGはいない。外からやってきたに違いない。
網戸が開いていたか。それとも。
とにかく一匹でもいたら夜眠れない。怖くて台所に行けない。
もし卵を抱いていたらと考えると恐怖で悶絶地獄。
なんとしても仕留めなくては!

散々騒ぎ立てた後、再び姿を見せたGを旦那がひとうち。
まだ小さなGだったが、その脅威は大きさには関係ない(や 大きいのは嫌だが)。
とりあえずよかったあと喜びつつ
「誰だ! どこんちだ!」と発生源を呪うことも忘れない。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]