忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
学校で面談があった。
私大受験の日程等のチェック。
それはまあ問題なく。

娘は学校で待っていて、ひとりで家を出ようとして
「時計がない」と気づく。
自転車禁止なので(眼科で)徒歩なのだが時計がないときつい。
仕方なく目覚し時計を鞄に押し込んで出る。
学校について娘にそれを見せたら面白がって友達にメール。
「お母さんの鞄に何が入っているでしょうか」

最初の返信。「遊戯王カード」
……
「ヒント。お母さんは携帯を持っていません」
それに対する返信。「電話の子機?」
脱力した。使えないもの持って歩いてどうすんだよ! 携帯ごっこかよ!

面談を終えて帰宅した娘は「願書を書く」と言った。
いざとなると結構大変である。
「とりあえず一校 書けた。間違いないか見ておいて」
カタカナとマークと漢字と。
「…学校コードがひとつ違う」
「あああ 誕生年のマークが9になっとる」
たったこれだけの中でふたつも間違うなんて!
センター大丈夫なんだろうか。ものすご不安になってきた。

そして。
「大字や字、丁目、番地の表記は省略する」という文を見て
何を思ったか「町」の字を飛ばそうとした。
「な なんで町を抜くの!」
「え だって ちょう って…」
娘の頭の中で丁目→ちょうめ→町名という変換がなされたらしい。
「あんた 馬鹿? 馬鹿? それで大学受験? はあ?」

娘がどれくらいアホか。
「300キロのクマを撃った事があります」と聞いて
「ええ 300キロ先のクマを撃ったの!」と驚いた。
重さだろうが! どうやったら300キロ先が見えるんだ!

センターまで一ヶ月ありません。
書類を見たりすると胸がどきどきして しんどいです。
娘のボケが却って救いかも知れん…
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]