忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無神経と無邪気は紙一重な気がする。
やった側は「悪気はない」で済ませる。

前も書いたっけ。
「黒馬物語」の中で「この子は知らなかったんだ」という言い訳に
「無知が一番悪い」と返した話。

知らなかった は言い訳にはなっても免罪符にはならない。
同様に「悪気はなかった」は「傷つくなんて知らなかった」という言訳にはなっても
それで許せというのはムシが良すぎる。

いやいや。
それでもそれが真性の無邪気ならまだいいだろう。
だが無邪気なふりをしているだけだとしたら最悪だ。

ああ…
もう放っておいて欲しい。


口直し。
ペルソナ4.今日当たり林間学校。うふふ。
息子はサウナのバトルを終えました。
「なんだこれええ 何持ってるんだあ」と叫んだ後は
まあ普通にプレイしてました。
所詮高校生男児。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]