忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973] [972] [971] [970]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

解説を聞いて、歌詞を聞くと、知っていたものと違って聞こえる。
と書くとまるで英語の歌詞を直接聞いているように思われるから
そうじゃなくて
その解説を下地に訳された歌詞を読んでいると
記憶にあるレコードジャケットに載っていた歌詞とは別のものに思える
ということ。

視点をどこにおくかで訳って全く違っちゃうよね。
私あの歌にそんなメッセージがこめられてるなんて知らなかった。
ただのホラー(?)な歌だとばかり。

以前に何を血迷ってか英語の歌詞を訳した事がある。
なんせ訳詞どころか英語の歌詞さえ添付されてないというCDで
偶然英語の歌詞のサイトにはいきつけたものの
それも公式のじゃなく ふつーのアメリカ人 かどうか が聞き取った歌詞を
載せているページだから スペルが違ってたりで
辞書に載っていない単語を見当つけて読むだけの語学力もなく
娘の中学の英語の先生に「ここから推測される単語を教えてください」と
泣きついたりして
でも感心にも自力で訳し切った(つまりは誉めてほしいわけだが)んだけど
この時に登場人物の誰の目線で訳すかを決めないと
単語の意味が拾えないと気づいた。

あの時はカナダ在住の日本の人におだてられ
英語のアニマンガまで取り寄せて
対象年齢7歳だか8歳だかのマンガを辞書を片手に読んで
「読めましたー」と報告したらば
「じゃあ もとになった映画も(アテレコ・字幕なしで)観賞できますね」と
当たり前のことのように言われて
思いっきりメゲた。

脳みそのつくりが違う。
およそ語学をやる人と日本語以外言語と頭が感覚が認めない私と。
英語を訳す感覚はパズルを解くのに等しい。


ウッドストックを最後に そんな精神は失われました
この退廃した世界から逃れる術はありません
終らせる事は出来ても 逃げ出す事は出来ないのです

そう念頭においてホテルカリフォルニアを聴くと
あの物悲しさの意味が分かる。
そして別の恐ろしさが込み上げてくる。

でもねえ。

一度訳した英語の歌でも、数年後にはただの呪文になってる。
刈る掘る庭。ああ。日本語万歳(なんのことやら)。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]