忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[977] [976] [975] [974] [973] [972] [971] [970] [969] [968] [967]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
高校3年の息子。
周囲が塾に行き始め、さすがに問題集くらい買わんといかんだろうと焦る。
だが志望学部が定まらない。
「何がしたいのか」
「どのレベルまで偏差値が引き上げられるか」
受験科目が決まらないと、何を強化すべきか分からない。

「騎手になりたいと思ったんだけどさ」
「身長と体重で引っ掛かるんじゃないの」
「うん。で 調教師を調べたら」
「調べたのかいっ」
「そっちも体重制限があってさ……」
「どのみちあんたには無理」
「馬が触れる職種がいいんだよぉ」
「どっちみちあんたには無理。毎朝4時起きられるんかい?」
「馬のためなら!」

正直私には息子がよく分からん。その能力も限界も根性も分からん。
やり通せるなら牧童(? とは言わんかね)でも調教師でも。
お金稼いで馬主でも(馬に触れるんかな)。

息子は平和主義である。ことなかれ主義ともいう。
素直で あったが、私の教育が行き届きすぎたせいで近頃はひねくれている。
勘はいいと思う。少なくとも娘よりは。
動物は好きだ。好きだから飼育員に適しているとは限らんが。

二歳ぐらいの時だろうか。
公園に猫がいた。どういうわけか息子に抱っこさせてくれ、
息子は動いたら猫が逃げると思ったのか、がちがちに固まって抱いていた。
微動だにしない。
猫が去った後も関節が固まって暫く動けなかった。

幼稚園の時、園バスに一番に乗るのだと
(いつも大抵一番に乗り場にいるのだが、後から来る女児に押しのけられていた)
到着の一時間前から待っていた。
つきあってらんねえとひとりで送り出した。そのうち帰ってくるだろう。
だが待てども息子は戻らず、一度戻ったと思ったらトイレに入ってまた出て行った。
5分でも1時間でも同じなのに、一時間の方がより強い優先権をもつと息子は考えたのか。
しかし4歳ころの子供が一時間外でひとりで待つというのは尋常ではないと思う。

後から来た子にその違いが伝わるわけもなく、
例の女児は例によって息子を押しのけようとした。

学校から帰った息子が顔にシップを貼っていた。
「何 それ」「クラスの子に殴られて 腫れた」
詳しく聞きだす前に担任から電話が入った。
「息子さんも相手の子を引っ掻いたようですから 喧嘩両成敗ということで」
殴られたんなら殴り返せよと思いつつ、まあ仕方ないかなと電話を切った。
担任からの話で殴られたのは一発ではないと分かった。
「引っ掻いたの」
「止めようとして襟を掴んだ。爪が当たったかも知れん」
「相手の子は保健室に行ったの?」
「行ってない 俺だけ」
てことは傷にはなってないわけだ。
「殴られたの一発じゃないんじゃん。どうして逃げなかったの。
二発目殴られらるまで ぼーっと立ってたの?」
「二発じゃない」
「え?」
4発だったか5発だったか。

常々私の子じゃないと思っていたが、この時ばかりは心底そう思った。

ある女児のお母さんが言った(上記の女児とは別である)。
「○ちゃん(息子) うちの娘の王子さまなのよ」
「はあ? なんで」
「○ちゃん 優しいじゃない?ずっとうちの娘が乗っていたブランコ押してくれたり。
もういい?って訊いても 娘がもっとって言うから 根気にいつまでも」
……
その子が我が家に遊びに来た時、息子は玄関まで飛んで行って
彼女のコートのボタンを外し始めた。同い年だけど息子よりずっとしっかりしてる子。
息子がやるよりその子が自分で外した方がはるかに早かったと思うんだが。


息子って調教師に向いてるのかしら? それとも馬にナメられる?


全然関係ないけど
冬越しした蛹が今日羽化しました。
あげはになって飛んでいった。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]