忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[983] [982] [981] [980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高校生の息子は学校だが、娘の大学は休み。

成人式の写真を撮りに行きたいからつきあえと言われていた。
借りる着物の下見は先日ひとりで行った。

留学に行くと成人式には出席できない。
その費用を計算の上で留学を許したわけで
だから写真代も払う気はないぞと言ってある。
でも祖父母宅に持って行く分のプリント代は仕方ないか。

肌襦袢と足袋を出す。補正用のタオルを用意する。
一緒に行くと待ち時間が長い。
暇つぶしにパズル雑誌でも買おうかと考えていたら
「(写メで見せた着物でいいなら)ひとりで行く」と言い出した。
私が見たって迷うだけだから好きなやつでいいじゃん。
「でも写真を決める時だけ呼んでもいい?」
「はあー 自分で決めたらいいやん。化粧するの面倒だしぃ」
「電話するからねっ!」

てなわけで今電話待ちである。

先輩はアルバム形式にしたとか。
「今が一番きれいだと思うなら ナルしーすれば?」
私は20歳の時の自分は嫌いである。
10代前半のバカは可愛いが、バカ丸出しの20歳は醜い。
(娘のことじゃない。私のことだ)
「これからもっときれいになると信じるなら 写真なんかどうでもいいじゃん」

とか何とかいいながら
「ついていくなら 暇だもんなあ。私もメイクしてもらって写真撮ってもらおうかなあ」
とも考えていた私である。
なんの写真って。
遺影用である。

でもあれって使用期限何年だろう?

成人式かあ…… 
早く中身も大人になればいいのに。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]