忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

両親用の部屋を見に行く。
改装業者の人にも同行してもらう。
娘に携帯で写真をとってもらう(母親に見せるため)。

後は両親が決めるのを待つだけ。

室内の状態は想像よりずっとよかった。
壁紙も床(絨毯かと思ったらコルク材に張り替えてあった)もそのままでいい。
水回りと和室の改装、手摺の設置だけ。
手数料なども想定より安い。
改装業者の人の対応もよかった。
まあそれは商売だからと言ってしまえばそれまでだが
これまで接した二社の人よりは親身になってくれてる気がしたよ。
知識も確かだし。

改装業者の人に「急に決めた話だから」と言ったら
「それではご両親はまだ気持ちが切り換えられないでいるのでは」と訊かれた。
ちょっとぐさっとくる。
もし決定したら実家の方も参考に見てもらわなければならない(手摺の位置とか)。
あの家を見たらきっと「もったいない」って言うんだろうなあ。
ぐさぐさ。

あの家をどうするかきちんと決めなきゃいけない。
家ごと売れたらいいけど(そのまま使って貰えたら)
更地にするようなら家が可哀相だよなあ。分かってるんだけどさあ。

完全な案なんてない。今の段階で最善と思われる というだけの事。
でも人生なんてそんなもんだよね。何を選ぶかだけだよね。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]