忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
膝を抱えて丸まって卵の中で夢を見続けていられたらいいのに
と昔から追い込まれるたび思ってた。今でも思う。
いつまでも子供じゃいられないって繰り返しながら。

案の定電話一本で気分はダウン。
もう自分からは何もしないぞと呟きながら涙ぐむ。
子供たちが順に部活から帰り、遊びに出て行く。
娘もカラオケに行くんだと出て行った。
「いいねえ」と見送った。

夜テレビを見ながら息子が寒いと言うので
寝転がってクッションになってやる。
請求されてしてやる事はたまにあるけど、自分からはない。
嬉しそうに擦り寄ってくる息子。細身とはいえ14歳。重いよ。
んでも暖かいよ。頭を撫でられ口では「ムカツク」と返すものの
密かに嬉しい母である。
そこへ娘が帰ってくる。遅かったから「ずっと歌ってたの?」と訊いたら
頭の上にシュークリームの箱が乗せられた。
うはうは喜んで、そんな事は子供には絶対許さないんだけど
寝転がったまま頬張った。
娘は息子を押しのけ私をクッションにする。むちゃんこ重たいけどまあいいか。
二人を抱えるように寝転がっていると動物みたい。

それだけで幸せなのに
幸せに浸りきれないのが嫌だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]