忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813] [812]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
同じエレベーターの人に
「Aちゃん 可愛くなったね」と言われた。
「皆さん仰います」

ほんとにエレベーターの住人、会う人ごとに言われる。
「娘さんすっかり可愛くなって」

夜娘に「また言われたよ。可愛くなったって」と言ったら
横から息子が「ありえん」と叫ぶ。
「馬鹿だねえ 誰も『可愛い』なんて言ってない。『可愛くなった』と言ってる」
「ああ そうか 前と比べて か」と納得。

朝娘が鏡の前で服を合わせているのを見て
「こいつ程度で可愛くなったって言われるんなら 私だったらもっとだったのに」
と急に思いついて段々腹が立ってきた。
大体が可愛くなった発言の後に、半分の人は「お母さんに似てきたんだね」と言う。

「やーん この組み合わせ 太って見える」
「ちゃうちゃう 太って見えるんちゃう。痩せて見えないだけ」

24日娘は映画を見て、そのまま帰らないと言った。
「あらら じゃ クリスマスケーキは家で食べないんだ。お父さん寂しがるなあ」
(ケーキは食べると言い張ったが)
「そういうお年頃なんだもーん」

そういう台詞は男が出来てから言え!
映画の予定を手帳に書きながら娘は
「しまった! イニシャルにしておけばよかった。名前書いちゃったよ」と言った。
ごまかしようのない女名前じゃ見栄も張れない。

さて息子。
「24日も試合がひとつあるんだけど」
「申請しないの?」
「だって24日だよ?」
「どうせ寂しいイブなんじゃないの」
「寂しいかどうかなんか分からないじゃないか」
おや? あてがあっての発言か?
友達と遊ぶだけなら「寂しい」部類だぞ?
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]