忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[340] [338] [336] [334] [333] [332] [331] [330] [328] [327] [326]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
信託から電話が掛かってきた。三回目。
実家の母親が私ら家族の名前で契約した通帳の件。
書き換えるにも通帳は必要である。
面倒だからぎりぎりまで放っておこうと決めた矢先だった。
「他に優先事項がありまして」と言い訳したら
むっとした声で「お忙しいのですね」と返してきた。
忙しいのともちょっと違う。決めなきゃいけない事の優先事項だもん。
先に株の電子化云々のための手続きをしなきゃいけないのだが
それにはまず貸し金庫から株券を出して来て
でもその貸し金庫は母ひとりの契約だから気候のいい時に連れ出して
…と考えただけで気が滅入る。

なんで代理人手続きしておかなかったんだよ!
父に「この機会にやっておいたら?」と言ったら曖昧な返事。

前にも書いたが両親は完全な別財布である。
母は自分の証書を父に見せたがらない。
だから貸し金庫の中身も父に見せたくないのだ。
父はそれがわかっているから代理人の事を言い出せない。
それならそれでもいいけど
なら自力で銀行いけるくらいの体力つけろよ! 面倒なんだから。
あちこち預金分けるなよ! 面倒なんだから。
母は何かと「あんたたちのため」とか言うが、結局は趣味なのである。

食費を削ったりして先月の家計費を1万円減らした。
その充実感に浸っている時に郵便局やら信託銀行から連絡受けて
あの苦労は何… と脱力感に襲われるわけだ。

先日の学資保険にしても満期がきてお金を受け取ったら
母はそれを得々と『直接』 孫に渡すに違いない。
私は今からそれが憂鬱だ。
私らだって学資保険くらい入ってる。大学入学の費用くらい確保してある。
だが祖母が孫にお金を渡してしまったら
まるで祖父母のお陰で大学に通えるみたいではないか!

それにさ。
確かに母が貯めたお金かも知れない。
でもそれって私らに欲しい物を我慢させて貯めたんじゃないのか?
食費と称して、乏しいバイト代から持っていったお金を積み立てたものも
その中には含まれているんだろうし
姉が「Kちゃんに」と私に遺したお金も入っているんだろうし
それを頭越しに子供たちに渡されるのってものすご腹立つんですけどね。
一家の稼ぎ手である旦那に対しても失礼だしさ。

なんかさ。そりゃこのご時世 余分なお金が(たとえ名義だけでも)あるのは
心強いことだろうさ! それに対しての感謝しなくちゃいけないだろう。
でも今の私には500円玉の方がより確かな「お金」なんだよ。
息子が敬老の日に って一生懸命探した贈り物に払ったお金こそが「お金」なんだよ。
割引券とか使って浮かした家計費を500円玉貯金箱に入れる時の幸福感を
電話一本で壊して欲しくないんだ!
PR
忍者ブログ [PR]