忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
息子が待ちに待った「魔王」放映開始です。
我が家は夜が早いのでビデオ鑑賞です。

今朝「明日にしようかな」と息子はテレビの前で迷っておりました。
「なんで?」「寝起きで目が覚めてない。勿体無いもん」
ふーん。「でも午後A子が見ると思うよ。先に見られていいの?」
息子は姉の部屋を覗き「もう出て行った?」と確認する。
それからテレビをつけて見始めた。

ひとりで見たいのかなと家事の続きをしていたら
「おかあさん 見ないの?」と呼ぶ。
どうせ午後娘につきあう事になるからなあと思ったが
同じテープでそれぞれの反応の一致・差異を比べるのも面白いものだ。
椅子に座って一緒に鑑賞する。
だが息子はテーブル下なので顔は見えない。

最初の頃、とにかく大野くんが連続で画面に映ること自体が
これまでなかったので、それだけでも嬉しいらしい。
「かわいい」と「かっこういい」を交互に洩らし
シャワーシーンが映った時には「大野くんかな 大野くんかな」と
見えそうで見えないモザイクに目を凝らす親父みたく食いついた。
「違うんじゃないの」と呟いた直後に画面が切り替わり
息子はとても嬉しそうに「大野くんだあ」と言った。

後半はわりと静かに見ていた。堪能したかな。
最後は満足げに溜息ついていたから まあ よかったんだろう。

某携帯会社の広告といい
大野くん売り出し中なんだろうか。
顔立ちは地味に整っているから伸びしろはたくさんあると思う。
歌も上手いし。運動神経よさげだし。
でも人気が出たら出たで複雑なんじゃないかなあ… 息子。







PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]