忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[652] [651] [650] [649] [648] [647] [646] [645] [644] [643] [642]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日美容院に行った。パーマをかけた。10年ぶりくらいじゃなかろうか。
3月に娘が染めてパーマをかけた時旦那も息子もまったく気づかなかった。
けど私はセミロングの直毛にウェーブをかけたんだ。いくらなんでも分かるだろ。
と思ったが。息子は無反応。
そこへ娘が帰ってきて一目見て「かけた」と言った。「え そうなの」と息子。
娘は「嫌だぁ 前のほうがよかった」とぬかした。
気づかないのと批判するのとどっちもどっちだが。
旦那も何も言わない。
「そういえば美容院のオーナーんとこさあ」と話題を振ったが、まだ気づかない。
その数時間後「もしかして?」と言った。
「なんか変だなあとは思ったんだが」
よほど分かりにくいのかというと、そうでもないと思う。
先日夜ヤマデンに娘と行った帰り、
近所の高校生男児が後ろから自転車で追いつき「A子 髪染めた?」と訊いた。
夜目にも分かるくらいの変化に我が家の男は気づかなかったというわけである。
 
娘が夜、急に泣き出した。
仲良くなった小クラス(英語科はテストで6つのクラスに分けられている)の中の
グループからひとりだけ別の班に入れられたと言うのだ。
仲良くったって数時間の事である。友達でもない。
入れられた班の子達の何が気に入らないのかと問えば「暗い 野暮ったい」と言う。
「最初からテンション高いほうがおかしいわ。
それに何かね 服装のセンスで人格が判断されるんかね。
ってことはあんたは私を今全否定した事になるんだよ?」
それで黙った娘は、暫くしてまた泣き出した。
「今度は何」
「(入れられた班の子に)優しくして貰ったのを思い出した…」
「ほらみなさい! 大体があんた思い上りもいいとこだわ」

ふんっ! 娘は小学生じゃないぞお。

そこに近くのSCに行った息子から電話。
「チェーンが外れた」
「私に言われても困る」
「えええ おかあさん出来ないのお」
「自転車屋さんあったよね そこに持って行きなさい」
一度はそこで電話を切ったが
前の日に娘につきあってヤマデンに行ったのを思い出し
ひがませてもいかんと(最近こればっかだ)出て行く。
結局スポーツ洋品店でウェアを見た後、自転車店に行ったが、修理の当日受付は終わっていた。

なんか振り回されてるなあ
でも振り回されているうちが花なんだよな きっと。

そして今日、母の通院付き添い。こっちもな。相変わらずだぜ。
こっちに振り回される事を思えば子供たちとじゃれている方が楽しいもんな。

帰ってきた息子が昨夜私が録画した「おおふり」を見始めた。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]