忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[650] [649] [648] [647] [646] [645] [644] [643] [642] [641] [640]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ってこんな面倒なものだったんだ…

私はしょぼい短大だったから
講座自体選ぶほどなかった気がする。
第一志望が通らなかったのは卒論だけ。

娘がリビングのテーブルに資料を広げてうんうんやってる。
邪魔くさい。
「どう思う?」って訊かれたって分かるわけないだろう。
自分の部屋でやれと言いたい。
勉強道具まで持ち出してきた。

あれだな。
「4月からはもう高校生の時のようには面倒みない」
と宣言したのがいかんかった。
突き放すとすがりたくなるのが人情だから
べたべた干渉しないといかんのだ。

留学の二文字が輝いて見えるのは
長期にわたって娘がいなくなるという事実ゆえである。
交換留学ともなれば
息子の受験勉強の間娘は不在となる。

だが現実は甘くない。
なんたらで何点以上だの限られた枠だの。
(もちろん金銭的負担も相当なものだが
娘からの解放に目がくらんでしまって数字が見えない)

それでもとりあえず三週間の研修は絶対。
免許だって合宿でとれば安い早い確実。
息子はすでに「姉のいない夏バカンス」を夢見てる。
しかし旦那はシビアに
「帰ってくる日が怖いだけだぞ」と。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]