忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[666] [665] [664] [662] [661] [660] [658] [657] [656] [655] [654]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10時家族4人で実家へ。
娘に母の髪をカットさせる。
珍しく父が愚痴を言い始める。
金曜日に固定資産税を払いにいくつもりだったのだが
母の分(って変な話だが 駐車場の土地名義が母になってる)の
用紙とお金を入れた封筒がない!
その日デイサービスだった母を送り出す際
ソファの背に置いたはずが、自分が出ようとする時になくなっていた。
焦って探したものだから気分まで悪くなってしまったらしい。

結局それは母がソファの背から棚の本の間に移したらしいのだが
1、なんでそんな事をしなければならなかったのか。
2、そもそも用紙が送られてきた段階で全部父に任せてしまえば
簡単に済んだものを母が一度取り込むからややこしくなる。
という点でどう考えても母が悪い。

だが母には全く反省の色がない。

他の資産税は払ってきたと言うので
「ついでがないなら これ(母の分)は私が払ってこようか」と封筒を取ったら
横から母が「それは瀬戸信でなければいかん」と言う。
いやあ? 普通に考えてありえんだろ それ。
金額を確認しようと中をあけたら もう一枚入っている。
「これは?」 介護保険料だと言う。
それって確か年金から引かれてるんじゃなかったっけ。
この用紙のどこにも領収印を押すところがない。
「だよなあ 前に銀行に持って行ったら 扱えないって言われたし」と父。
「んじゃ この分の5万円は置いておくね」と別にしたら
父が「持っていけ」と言う。
さすがの母も取り返すわけにもいかず「そうしたら」と言う。
いつもなら返すなり、
受け取るにしても実家の立替分に回すなりするのだが
今回は各自小遣い5000×4とGW費用30000円として頂戴する事にした。
はからずも私にお金を渡す事になってしまった母に
ざまあみろ である。

昼食後実家を出、娘がうにくろでジーンズを試着。
どうにもしっくりこないというので後で別の店に行く事にし
息子のラケットをガット張りに出すために近くのSCに寄る。
そこでも服を見て試着する娘。
双方で待たされてばかりの息子はさすがに不機嫌である。
しかもその店ではガット張りが次の試合に間に合わないので
別のSCまで自転車で行かなくてはならない。

娘はジーンズを探しに旦那に車で連れて行ってほしいようだが
旦那には旦那の予定があるし
息子の手前もあるから「自転車で行ける」と連れ出した。
20分くらいのところに一軒。
そこから更に走ってドームイオン。
夕方ヘロヘロだったが、息子がチキンと以前からうるさかったので
帰りにケンタに寄る。しかし電話で訊いたら旦那は嫌だと言う。

家に戻ってチキンを置き、旦那とふたりで外食に出る。
帰りに買物少々。
結局一日中外だった。

土曜日に買ったスニーカー(旦那に車で連れて行って貰った)が
早速役に立ったわけだが
娘が「靴紐を変えろ! 白はださい。裏を見せるな」とうるさい。
息子は息子で「おかあさん 今日化粧濃いんじゃない?」と生意気に。
「濃くするほど化粧品もっとらんわ」

今日これから息子の靴から紫の靴紐を抜いて
新しいスニーカーにつけようと思う。
あれ まだ傷んでないから勿体ないんだもん。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]