忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[556] [555] [554] [552] [551] [549] [548] [547] [546] [545] [544]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は海馬くんの誕生日だと言うのに目覚めから悪かった。

寝るのが大好きな私としては
休日の朝寝ほど楽しみなものはなかった。
いつも使っている目覚ましをオフにする時のうきうきってない。

なのにその楽しみが奪われてしまった。

旦那は休日でも朝寝をしない。昔からである。
それが最近では平日より早く、先週などは5時前であった。
それが毎週毎週続くうちに
旦那より早く目が覚めるようになってしまった。

それでも寝床の中で頑張っているうちにうとうとしてくる。
そのまま二度寝ができればそれはそれで気持ちいいのだが
このうとうとの時に旦那が起き出すのだ。

今日もそうだった。
そして昨日は遅かった(11時過ぎてた)。

洗濯して台所片付けて、旦那が戻って競馬の確認したら
実家である。あああ 行きたくない。いつもだが今週は特に行きたくない。
子供たちはふたりとも(模試と練習試合で)行けないし。
今週はショートスティの予定じゃないし。
ショートの週は父の顔が明るいのでこちらも気が楽になるのだ。

って書くと、最近ここを読み始めた人は
「薄情な娘だ」と思うかも知れない。
私だって最初からそうだったわけじゃない。
水害の時も入院の時も一生懸命頑張った。
毎回毎回熱をだすくらいまで走り回った。
自分の親が正しい人間だと信じていられた頃は頑張れたんだ。

実の親に嘘をつかれたり泥棒扱いされてみるといいんだ。
必死にやった事を「頼んでない」で片付けられてみるといいんだ。
人間だから100パーセントはない。
でも80くらいは役に立った筈なのに、20の落度ばかりを言われたら
何もやらない方がましな気分になる。
それも私の労力だけじゃない。
水害の時に破傷風の危険や汚水の悪臭にもめげず
手伝ってくれた人たちのことまで悪く言われて
その時に捨てた針一本の事まで嫌味を言われて
(比喩じゃない。本当に針一本 それも実際には捨ててない 針の事)
それでも骨折して入院した時は心底心配して毎日通ったのに。

そうなると昔のあれこれが全部思い出されてくるんだ。
子供だったから見えなかったこと、
信じやすいがゆえに騙されてきたこと。
出来そこないと言われて信じていたけど私は出来そこないじゃない!
みっともないと言われたから目立たないようにしてきたけど
全然みっともなくなんかないじゃないか!
って気づいた時には人生下り坂(とっくに下りきってたり)って
この絶望感は結構きついんだぞ。

ずっと同じところをぐるぐるしているから
これじゃいかんと突破口を見つけては足を踏み出すんだけど
その度挫折したり阻まれたり。
そしてますます残り時間を少なくしてしまっているんだな 私。
勿体無い。

エコポイントのネット申請。
昨日あれからやってみたけど なんかアホらしいぞ。
向こうの作業は楽になるんだろうけど こちらには全くメリットない。
ないどころか手間+紙代・インク代が余分だ。
電器店に貰った用紙にコピー貼り付けたしまった後だけに
面倒が増えただけ という。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]