忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[315] [314] [313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

顔を見るだけでムカムカする。
傍に寄りたくない。話したくもない。
立たせる時とか手を引っ張らなきゃいけない時はぞっとする。
他のケアより「手を握る」というのが一番嫌だ。

自分の親だよ…
さすがに何とかしなきゃと思うが、どうしようもない。

相手が自分の子供じゃなくてよかったと心底思った。
同じ感覚を子供に抱いたらそりゃ虐待するって。
だってホント顔も見たくない だもん。
相手が大人だから向こうも反発して擦り寄っては来ないけど
幼児だったら親が嫌えば嫌うほど不安になって傍に来ると思うんだ。
手だって繋がなきゃいけない。不意打ちくらったら振りほどいてしまうだろう。

他人に対しても近いものあるかも知れない。
ぎりぎりまで許しているから ある日ぷちっと切れるんだ。
そうなるともう何もかもが許せない。顔を出すなと言いたい(実際に言った)。

それが親に向けておこっちゃったんだよなあ…
ずっと包み込んでいたものが全部表に出ちゃった。
なんか もう どうしていいのか分からん。

別に親のために何とかしようなんて思ってない。今更。
でもそれを子供たちに見せる事になるのが困る。
子供たちの前だけでも なんて器用な真似は出来ない。
嫌なものは嫌!なんだもん。
そのせいでこちらの親子関係まで崩れたら と考えると
ますます親に腹が立つ。
自分達は何の努力もせずまともな育児もしてこなかったくせに
のうのうと私の世話になって そのせいで私は子供たちに「介護は大変」意識を植え付ける事になる。

私は基本的には相手が喜んでくれるなら世話するのは嫌いじゃない。
こうしたらいいかな あんなんやってみようかなっていろいろ工夫したくなる。
これまでだって
「お父さんは魚嫌いだから いない間に焼いてあげよう」とか
「たまにはぎょうざ食べたいだろう」とか
「デイサービスに行くなら 新しい服だって要るだろう」って
実家に行く時にそういう荷物(おかずとか服とか小物とか)があるだけで
何となく心が弾んだ。

でももう二度とそういう気持ちにはなれないと思う。
困ったもんだ。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]