忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672] [671] [670] [668]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析

ケアマネさんだけじゃなくて
産休から復帰のケアマネさん・ヘルパーさん・ショート担当員さん。
とレンタル業者の人が来た。
レンタル業者さんがいるならと
「ベッド用の移動できるテーブルを借りたらどう?」と母に切り出した。
枕元にごちゃごちゃ並べてあるものをその上に置いて
ベッドをあげてテーブルで昼食を食べたりお茶を飲んだりしたら。
だが母は居並ぶスタッフたちに向って
「そんなもの置いたら ますます動かなくなってしまうじゃないの」と言った。

ちょっと待て。ますますって あんた動いてないじゃん。
夕食こそ食卓で食べているらしいが
それ以外はベッドで寝転がったまま食べたりテレビを見たりしてる。
それをあたかも
「食事は車椅子に座って食卓で」と言わんばかりに。

(じゃあ枕元のおやつは何だよ。薬呑みはなんだよ)
よくもまあ しゃあしゃあと嘘が言えるもんだ。

いや。嘘を言っているという自覚はないんだ。
母の場合、口から出た瞬間に全てが事実になる。

病気だ。そうか。病気なのか。
ボケじゃない。昔からそうだったと腹が立つが
そうか 昔っから『病気』だったのか。

思いっきり憐れんで終わりにするしかないのか。

そしてこれも『病気』なのか。
私がお金を勝手に使い込んでいるという妄想。
「疑われるようなことをするあんたが悪い」
「私がいつそんなことを」
先日私が勝手に100万おろしたという通帳。
やはり母が引出しから取ってきたようで枕もとにあった。
見れば三年前に126万引き出してある。
「それまでもちょこちょこおろして使ってたんでしょ」と母が言う。
確かに定期的に記帳されているが
「こんな半端な金額 毎回同じ額を律儀に引き出す馬鹿はいない。
これはきっと保険料か何か」
と言い掛けて思い出した。
「ああ! そうだこの100万 保険料の一括払いだ!
一緒に郵便局行って手続きしてきたじゃない。
それまでの月払いをやめて残額を全部納めてくるって!」

疑うところから始めるから
白いものも黒く見えるんだ。

もういいか… どうでも。

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]